« 2023年4月 | トップページ | 2023年6月 »

2023/05/16

Backing Tracks

先週の土曜は月例の加古川Largoでのセッションだった。

今回はMalletKATを持っていこうと思っていたんだけど、なんせその前の週に全剣連居合道昇段審査があったので、それまでは居合のことで頭が一杯で楽器をほとんど触っていなかったのと、以前のセッティングをなにかのときにリセットしてしまっていたので、そのやり直しをしようとあれこれやってるうちにドツボにはまってしまい、ワケワカメ~~(^_^;)。

結局、MalletKATのセッティングはあきらめて、今回もエレガットで参加した。

ちなみに居合は初段審査合格でありました。そちら関連は別に書こうと思ってますが・・・。

で、次回に備えて練習しておきたい・・・、あくまで希望ですが。

・It Might As Well Be Spring-Backing Track

このテンポ、結構早くてついていくのが大変なのと、見失うこと多々。

・Country/Keith Jarrett-Backing Track

一度はやってみたいCountry by Keith Jarrett。

これはBacking Trackは無いかなと思ったが殊勝な方がいてアップしてくれていた。

エレガットで弾いている演奏があったので、大いに参考にさせていただこう。ただアレンジや音楽性は別として、テクニックはそれほどではないですね・・・って、エラソーに(^_^;)。

ついでFBでシェアされていて気に入った曲。このギター伴奏をやってみたいんだな。誰かにテーマ弾いてもらうかな。

・Nunca vas a comprender cover Fatima Badillo & Perla García

一見、演奏しているように見えるけど、よく見ると口パクだから音はスタジオ録音だろう。ギターソロは指があっているんで書き譜かソロだけ現場録音か。サックスはそれなりもする気がなかったのか、手を全然映してない。

コードを取ってみた。下記のとおり、コード進行は著作権対象にならないそうなので、掲載してもよいはず。

Gbmaj7|B9|Dbmaj9|Bb7|
Ebm7|A7/Ab7|Dbmaj9|Bb7|
Gbmaj7|B9|Dbmaj9|Bb7|
Ebm7|A7/Ab7|Dbmaj9|Db7||
Gbmaj7|B9|Fm7|Bb7|
Ebm7|A7/Ab7|Dbmaj9|Bb7||
Gbmaj7|B9|Dbmaj9|Bb7|
Ebm7|A7/Ab7|Dbmaj9|(Bb7) ||
ending Dmaj9/Dbmaj9 ||

キーがDbというのがちょっと面倒だ。B9はCb9と書くべきなんだろうな。MuseScoreで楽譜を作らなきゃ。

この曲はスペインのRita Paysが作った曲らしい。Joan Chamorroおじさん率いるSant Adreu Jazz Bandでトロンボーンを吹いていて、同バンドからトランペットとボーカルで売り出したAndrea Motisに続いた人だ。

最後はあくまでVibのお勉強のため。

Very Early/Bill Evans Ed Saindon

テーマ演奏の色々な見本と、左手の伴奏、インプロ演奏と順に演奏していてとても参考になる・・・、はずだけどまだ何もしていない。YouTubeサイトには英語の解説がある・・・、けどまだ読んでない(^_^;)。

付け足しで、Jane MonheitのIt Might As Well Be Springはワルツ。キーはEb。

 

| | コメント (0)

2023/05/02

International Jazz Day Osaka, 2014

Facebookの思い出に出てきた、2014年4月30日に大阪城公園で開催されたInternational Jazz Dayの感想文。

Blogでは行く予定を書いてただけだったので改めて、って9年前だ(^_^;)。

Jazz Day in Osakaの全編が提唱者で司会者のHerbie HancockのYouTubeサイトにアップされているので、興味のある方はどうぞ。2時間近いけど見ごたえがあります。

以下はFBの感想文(覚書)、フレンドでマリンバ奏者のMika Stoltzmanさんから「とてもHonestなコメントですね」とほめて(たぶん)いただいた。

International Jazz Day 覚書1

オープニングの和太鼓と法螺貝、
法螺貝ってあんなに音程と表現が可能なんだ
トロンボーンの人だった
もう何年も前からだろうけど、屋外ステージの大きさとPAの素晴らしさ
昔では考えられないほど音響がしっかりしている
もう確立したシステムなんだろう
裏方は大変だろう
ハンコックとショーターのデュオは何と評したらよいかわからん
すごいな、と思うが
枯れたショーターに潤いのハンコックがからむというのか
ジジさの雄叫び、でもないなぁ、
秋吉敏子とルー・タバキン、なんか学生の頃に色々と活動が話題だった
見たところではあの頃とふたりとも変わらんみたい
当時でもいい年だったんではないかと思うから、もう何歳だろう
途中で敏子さんが飛び跳ねていた
ただ、昔はともかく、今の時代に和風旋法だからどうなんだという気がしないでもない
日野皓正、なんかやっぱり外観は昔の面影はないけど、相変わらず
といってもよく知らない、実際にみたのは初めて
昔からのメインストリーム的ジャズかな、こういうのは本当は苦手
一番盛り上がったのは、マリから来た歌手のうた
世界的にはハーモニーのない音楽が大半というのを改めて感じた
リズム、ビート、グルーブが第一、それから旋法
ブルーズ
ジョンスコは出番が多かった、この人も実物は初めて
プロのブルーズ、本場もん、初めて
やっぱ、ブルーズは小学校の頃のベンチャーズとかビートルズで
からだに染み付いている気がする
自然に流れに乗れる
ボトルネックがトラックスとはかなりスタイルが違う
ディオンヌ・ワーウィックはもう年か
普通に歌うところはいいが、高音とかフォルテになると声が出ない
大御所だからみんな敬意を払ってるんだろうか
アール・クルーは出番がごくわずかでがっかり、
まともに出演してほしかった
ラウンド・ミッドナイトのイントロをちょろっと弾いただけだった
ボーカルのガンバリーニさんは秀逸、きれいな人だと思うけど、大画面で大写しだとミスター・スポックを思い出してしまう
小曽根真さんも出番が割とあったけど、途中で帰ったのか、フィナーレには出てこなかったみたい
ラテンの曲、ブラスとピアノモントゥーノ
シーラEのドラムと、あれは誰かな、ラテンのティンバレス奏者?
一緒に叩いていたけど、シーラも同じようなパターンで叩き続けるもんだから、音がごちゃごちゃになって区別がつかなくなっていた、適宜交代みたいにしていればよかったのにもったいない気がした

International Jazz Day 覚書2
音楽じゃないけど、ハンコックのスピーチも力強く訴えるパワーがあった
画面には字幕が出ていたから準備していたんだろうけど、難しい言葉をつかわないし、とても聞き取りやすかたので、英語そのままで言葉の力が伝わってきた
英語を勉強したことが、こんなところでも役に立った
Thanks, WB! (といってもWBにしかわからんけど)
ショーター&ハンコックの二人の演奏中に思い出したのが、添付の北斎の最晩年、90歳で描いた肉筆画「李白観瀑図」だった
ショーターのソプラノの音に、90歳になってもなお挑戦し続ける北斎を思い浮かべた
ショーター氏はまだ80歳だそうだから、これからでしょうか

Hokusai

「ショーター氏はまだ80歳だそうだから、これからでしょうか」と書いていたけど、残念ながらこの3月に89歳でお亡くなりになりました。

合掌(-人-)

「Thanks WB!」と書いているWBさんは、30年近く前に通っていた英会話学校のインストラクターだった人で、FBでコンタクトできてフレンドになっているアメリカ人だ。

それから「ブルース」ではなく「ブルーズ」と書いているのは、某知人が”ス”ではなく”ズ”と英語通り正しく濁った発音にすべきだと言っていたので、それにかぶれたから(^_^;)。今はまたブルースと言ってます。

| | コメント (0)

2023/05/01

あさイチ・ストレッチ4種

今度の日曜は全剣連居合道初段の昇段審査だ。だから最近は頭の中はもっぱら居合のことが占めていて、という割にはそれほど出来ていなくて気ばかり焦って、音楽練習もBlog更新も、ついでにFacebookもみんな中途半端~~、っていつものことか(^_^;)。

というわけであっという間に5月。タイトル通り、NHK平日朝の番組「あさイチ」で紹介されていた、名付けて「これだけは続けて!」神ストレッチ4選!、だそうな・・・、やたらと「神」をつけるのはあまり好きではないけど、なんとか続けている体幹体操等に加えてやっていこうと思うわけで、前回に続いて「あとでするメモ」。

ただしNHKが配信しているため、YouTubeサイトでしか視聴できません。

以下の4種。

1.肩関節(0:00~)-肩甲骨を動かす。これは日頃の体幹体操等で動かしているので比較的良好。

2.胸椎(0:52~)-上半身ねじり:猫背矯正と腰痛に効果を期待しているが、僕は仰向けに寝たままだと腰が反る方向になって痛くなるので、椅子に座って実施(1:32~)。

3.股関節(1:48~)-これは夜寝る前のストレッチでやっている。そのおかげなのか他の体操やら杖や居合で体を動かしている総合的な効果なのかはわからないけど、股関節痛は以前よりは緩和している。これも上半身を反らすパターンは腰痛になるのでやらない。

4.膝関節(2:22~)-自分では自覚がなかったけど、ふくらはぎを伸ばすストレッチは結構きついので硬いんだな。日頃の体操にはこれは入ってなかったから今後に期待。

「いっしょに」やりましょう、という番組のキャプチャ画像を使った動画もあるけど、NHKから削除要請がくるかもしれないねぇ。

以上。

| | コメント (0)

« 2023年4月 | トップページ | 2023年6月 »