« International Jazz Day Osaka, 2014 | トップページ | 武道/健康-7ヶ年計画 »

2023/05/16

Backing Tracks

先週の土曜は月例の加古川Largoでのセッションだった。

今回はMalletKATを持っていこうと思っていたんだけど、なんせその前の週に全剣連居合道昇段審査があったので、それまでは居合のことで頭が一杯で楽器をほとんど触っていなかったのと、以前のセッティングをなにかのときにリセットしてしまっていたので、そのやり直しをしようとあれこれやってるうちにドツボにはまってしまい、ワケワカメ~~(^_^;)。

結局、MalletKATのセッティングはあきらめて、今回もエレガットで参加した。

ちなみに居合は初段審査合格でありました。そちら関連は別に書こうと思ってますが・・・。

で、次回に備えて練習しておきたい・・・、あくまで希望ですが。

・It Might As Well Be Spring-Backing Track

このテンポ、結構早くてついていくのが大変なのと、見失うこと多々。

・Country/Keith Jarrett-Backing Track

一度はやってみたいCountry by Keith Jarrett。

これはBacking Trackは無いかなと思ったが殊勝な方がいてアップしてくれていた。

エレガットで弾いている演奏があったので、大いに参考にさせていただこう。ただアレンジや音楽性は別として、テクニックはそれほどではないですね・・・って、エラソーに(^_^;)。

ついでFBでシェアされていて気に入った曲。このギター伴奏をやってみたいんだな。誰かにテーマ弾いてもらうかな。

・Nunca vas a comprender cover Fatima Badillo & Perla García

一見、演奏しているように見えるけど、よく見ると口パクだから音はスタジオ録音だろう。ギターソロは指があっているんで書き譜かソロだけ現場録音か。サックスはそれなりもする気がなかったのか、手を全然映してない。

コードを取ってみた。下記のとおり、コード進行は著作権対象にならないそうなので、掲載してもよいはず。

Gbmaj7|B9|Dbmaj9|Bb7|
Ebm7|A7/Ab7|Dbmaj9|Bb7|
Gbmaj7|B9|Dbmaj9|Bb7|
Ebm7|A7/Ab7|Dbmaj9|Db7||
Gbmaj7|B9|Fm7|Bb7|
Ebm7|A7/Ab7|Dbmaj9|Bb7||
Gbmaj7|B9|Dbmaj9|Bb7|
Ebm7|A7/Ab7|Dbmaj9|(Bb7) ||
ending Dmaj9/Dbmaj9 ||

キーがDbというのがちょっと面倒だ。B9はCb9と書くべきなんだろうな。MuseScoreで楽譜を作らなきゃ。

この曲はスペインのRita Paysが作った曲らしい。Joan Chamorroおじさん率いるSant Adreu Jazz Bandでトロンボーンを吹いていて、同バンドからトランペットとボーカルで売り出したAndrea Motisに続いた人だ。

最後はあくまでVibのお勉強のため。

Very Early/Bill Evans Ed Saindon

テーマ演奏の色々な見本と、左手の伴奏、インプロ演奏と順に演奏していてとても参考になる・・・、はずだけどまだ何もしていない。YouTubeサイトには英語の解説がある・・・、けどまだ読んでない(^_^;)。

付け足しで、Jane MonheitのIt Might As Well Be Springはワルツ。キーはEb。

 

|

« International Jazz Day Osaka, 2014 | トップページ | 武道/健康-7ヶ年計画 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« International Jazz Day Osaka, 2014 | トップページ | 武道/健康-7ヶ年計画 »