« 2023年5月 | トップページ | 2023年7月 »

2023/06/20

ぶどう月間

梅雨に入ったものの、晴天の日も結構あったり、暑いとはいえ梅雨時とは思えないほどカラッとした天気だったりですが、6月から秋にかけてはぶどうのおいしい季節です。

という話ではなくて「武道月間」としようとしたら、タイトルのように変換されたんでそのまんまネタに(^_^;)。

前々回に書いてたように、5月初旬は居合道昇段審査(初段合格)、今月10日の土曜日は兵庫県居合道大会と続いた。

大会は姫路にある県立武道館でなかなかと立派な建物だ。今回も電車で、JR姫路駅で山陽電車に乗り換えて一駅、歩いて10分もかからない便利なところだった。

Aimg_20230610082147746
兵庫県立武道館

僕は個人戦段外クラスで出場したけど初戦負け。まぁ、その対戦相手が段外優勝したので良しとしましょう(^_^;)。

所属の小野睦会では大人組は賞は取れなかったけど、学生組(高校生、小学生)が個人3位、団体戦3位を受賞した。

Aimg_20230610132304726
大会の様子

帰りも山陽手柄駅まで歩いて、電車で帰宅した。

Aimg_20230610162524186
山陽電車姫路、ターミナル駅だ

ということで、やっと終わった~~、という間もなく、7月には杖道県大会がありましてね、なんせ杖道は三段ということで個人戦、団体戦両方に参加するのであります(^_^;)。

居合道大会は個人戦の形5本の演武だけだったけど、杖道は個人戦は6本、団体戦も6本の演武がある。両方合わせると全剣連制定形の3~12本目の10本だ。

制定形は12本あって、一応は三段なので一通りは習ってはいるものの10本目あたりからはかなり怪しいので、今月中にはきっちりと覚えておかないといけない。

ということで武道月間は続くのであります。

以下は稽古用のお手本動画で、昨年の杖道全国大会の模様、っていっても僕なんかとはレベルが雲泥の差だけど(^_^;)

三段準決勝-全国大会では6本の途中で仕打ち交代(杖と太刀が交代)があるけど、県大会では交代なしで杖だけの演武だ。相手をしてもらう太刀はそのときに手の空いてる人を見つけてやってもらうことになっている、ってどうなるんでしょうね(^_^;)。

団体戦は4名で1本目から3本ずつ、仕打ち交代で順番に演武していくが、僕はなんやかやの行きがかりで最後の7,8,9本目の太刀、10,11,12本目の杖を演舞することになった。

ちょうど下の七段決勝での右側の選手と同じになる。もちろんレベルが違い過ぎるけど。

稽古は日曜夜は小野、火曜午前は明石まで行っているけど、あれやこれや指導され続けで、まだまだ道半ばであります。

| | コメント (0)

2023/06/08

NHKプラス

Netflixのことを書いたのが4月初旬のことで、その時にも書いてたけどやっぱりそれほど見たいと思う番組もないので、無料期間が終わる5月初旬に解約した。

そういえば4月の投稿のときも雨の天気予報と小野市に行ったことを書いていたが、今月初は豪雨で各地に被害、そして今晩辺りからまた雨が強くなる予報が出ているし、その間の晴れ間に小野まで行ってきたのも似ている。

今晩からの雨でまた被害が出たりしないことを祈ります。

Aroute85

で、わざわざ小野市まで行ったのは、この土曜に開催される居合道県大会のために注文していたゼッケン(名札)ができたと、武道具店から連絡があったので受け取りに行ったから。前回にアップした居合道試合動画で選手が胸につけているのがゼッケンだ。

武道具類はもっと近くの明石の店とか、あるいはネットで注文してもいいんだけど、杖道再開時に稽古着を買おうと思ったときに世話役の方から紹介されたのが地元(教室は小野)のお店で、教室とは馴染みだし店主さんの人柄もいいので、それ以来利用している。ただし居合刀はネット通販だったけどね。

この写真はカーナビお勧めの主要道175号線ではなく裏道を適当に検索しつつ行ったときの県道85号線で、この先をさらに行くと武道具店がある。やや下り坂で真っすぐに伸びた道路と広々と広がる田園風景が気にいって、今のFBのカバー写真にしている。

TVの話に戻ると、NHKの見逃し配信NHKプラスは受審契約しているから視聴できるのは以前から知ってたけど、アプリが必要なので何もしていなかった。これを機会にアプリを入れてみようかと色々調べたらなんのことはない、最初からTVにインストールされていたという迂闊な話。

NHKはなんやかや問題があるとかなんとかいいながらもよい番組は多いから、見逃し配信はありがたいかも・・・、とはいえ実際に見逃しが視聴できるようになってみたら「これは見逃したからぜひ見たい!」というほどの番組は特にないんだな。

ドキュメンタリーや特集でいい番組はありそうだけど、だからといって改めて見るわけでもないし、朝ドラは録画しているし大河ドラマは何年も見てないし、ということでよく見るのは見逃したその日のニュースくらいか。

という中でNHKプラスのおすすめ画面を眺めていた中にあったアニメ「青のオーケストラ」は、タイトルから音楽関係なんだろうと見てみたら結構面白いので見出した。

見逃しで見た最初が第7話で、これはいわゆる陰キャラJKがいじめにあってどうしたとかいう話でかなり暗い。

Netflix無料期間中に見た「ぼっち・ざ・ろっく」も同じく陰キャラJKの音楽関係だったけど、あちらがギャグ満載のカラッとした展開だったのとは対象的だ。ただ暗いとはいえ音楽関係なんでその点で興味が湧くし暗い分だけリアル感はあるかしらん。

というところでNHKで1話~8話まで一挙放送というのがあったので録画して最初からみたら、主人公はJKではなくてDK(男子高生)だった。

まぁ、このPVでもあんまり明るい感じはしないけど、概ねこんな感じの中にもギャグシーンもあるし、やっぱり音楽が絡むとついつい見てしまうし、「ぼっち・ざ・ろっく」とは違った本格的なクラシックなんでポップ系とは違う視点が面白いかな。

で、改めてPV見たら最後の劇中演奏者名にヒラリー・ハーンって、ほんまかいな!?、他の人は知らないけどいずれも名だたる奏者なんだろうな。

さて一方で、CATVのJCOM契約はまだそのまんまだから、なんとかせねば、って自分次第なんだけどね(^_^;)。

| | コメント (0)

2023/06/01

武道/健康-7ヶ年計画

今月の7日に全剣連居合道昇段審査会があり、無事に初段合格した・・・、と5月後半に下書きしてそれっきり~、6月になっちまったぜぃ~~、審査は5月7日でありました。

昨年11月の1級受審のときも今回も雨で、天候には恵まれなかったがつつがなく終了した。写真は審査終了後、ホッとしてJR灘駅まで歩いたときの、王子スポーツセンターからの坂道。

Aimg_20230507153501467

次の写真は審査2週間前に参加した居合道講習会の様子。秋の1級審査のときには参加しなかったけど、今回は段位受審なので、昨年の杖道審査のとき(杖道審査-1杖道審査-2)と同じく審査前講習会にも参加した。

Aimg_20230423125659077

講習会の時はとてもよい天気だったんだけどね⤵。右が王子スポーツセンター、中央奥に見える白い建物は海星女学院。

Aimg_20230423164141043

審査合格してホッとして・・・、という間もなくですな、実は6月初旬に姫路にある兵庫県立武道館で開催される全剣連居合道兵庫県大会に出場するのであります、ほんま、(~~汗)です。

とはいえ、県大会といっても出場者がそんなに多くない居合では予選があるわけでもないので、全剣連傘下の会なり教室なりに所属してエントリーし参加料を払えば出場できるのであります。

審査と大会に向けて4月からは日曜の稽古に加えて明石で火曜日の午前に開かれている教室にも通いだしたので、今は週二回だ。

コロナ以前の身体的には自堕落な生活に比べれば、ずいぶんと体がよく動くようになった、と思う、たぶん、しらんけど(^_^;)。

下は明石の稽古場である中崎公会堂。明治44年に建設され、こけら落としには夏目漱石が講演したというから、なかなかと由緒のある建物だ。

Aimg_20230404102437983

稽古をしている大広間(ホール)。こんな立派で古式豊かな場で稽古すると、身も心も引き締まるね、っていうほど締まってないか、ははは・・・(^_^;)。

Aimg_20230502115539940

ということで表題の7ヶ年計画:

去年春の杖道三段を開始として今回が居合初段だから、これから順次昇段審査を受けて段位を上げることを目標に健康維持に努めようという計画であります。さかのぼっての計画というのも妙だけど、ラッキー7計画ということで。

昇段審査は段位の数字の年数だけ開けないと次の段位は受けられないので、計画は次のようになる。2029年以後は年齢的にどうかってとこだけど、またそのときに考えよう。

昇段試験
2022.6 杖道三段 開始年(昨年)
2023.5 居合道初段 今回
2024.5 居合道二段
2025.6 杖道四段
2026.5 居合道三段
2029.5 居合道四段
2029.6 杖道五段

2026年までは居合道と杖道が交互に毎年受審だから気持ちを維持しやすいかと思うけど、その後が2029年まで3年開いてしまうのが課題かもしれない・・・、というより、そんなに順調に昇段できるんかい!?、という話が先だ(^_^;)。

審査は半年ごとにあるから、落ちてもその半年後に再受審が可能だけど、その度に受審料がいるからねぇ。

今までは健康維持といっても自己判断しかなかったからどうしてもダレたり止めてしまったりが多かったけど、審査という自己判断によらない期間の定まった評価/判断があると、それに対して努力が必要になるから維持しやすいと思うし、さらに自分の動作なり技なりが向上するという期待からモチベーションも維持できそうだ。

それ以上に自分自身が杖道、居合道が好きでやっていきたいという気持ちがあるということが大事だね。

最後に全剣連居合道全国大会の決勝の模様が公式YouTubeチャンネルにあったので興味のある方はどうぞ。ただし初めの方はアナウンスや礼法が続くので、実際の試合(演武)は2:30以後にあります。まぁ、僕のレベルからは遥かに遠くて、今からでは死ぬまでやっても到達はできないけどね。

もひとつは自分用メモで、浅山一伝流の基礎トレーニング解説。

| | コメント (0)

« 2023年5月 | トップページ | 2023年7月 »