« 毛玉取り | トップページ | リンク、覚書などとりあえず »

2023/12/06

秋のイベント2023-関西杖道優勝大会と姫路お城まつり

秋のイベントと題してBlogに投稿したのは2015年11月29日だったが、あの頃は色々とイベントが続いた上に仕事もしていたんだと、我ながらびっくり(^_^;)。

それに比べると、2020年夏にコロナ禍で退職してからは音楽関係といえば、たまのセッション参加くらい、代わりに杖道や居合道の稽古や審査、大会、そして短期間の旅行などがパラパラと続いているくらいだ。

世間はコロナの第5類移行もあって活気づいて来ているが、この秋は僕も世間なみに個人的イベントが続いた。

特に11月は最近にしてはやけに忙しかったが、その最初が5日の関西杖道優勝大会だった。

ということで、とりあえず杖道関連を書いておこう。

202311051

以前に書いてたように大阪府剣道連盟杖道部主催の大会で、団体戦に参加した。1チーム3名だが、僕は途中で技を間違ってしまったのでまた初戦敗退か、と思ったけど、なんと対戦相手も間違って演武を中断してしまったので、間違えても止まらなかった僕らのチームが初戦突破(^^)v。でも2回戦で敗退してしまった。

大阪府剣道連盟のサイトに結果(pdfファイル)があるが僕らは小野Bチームだ。大会のフォトギャラリーもあるけど僕は写ってはいません。下は決勝戦の様子。

2023110512

終了後は35年ほど前に大阪で杖道を習っていたときの森本先生と、当時、稽古をご一緒していたN先生にお会いできて懐かしく旧交を温めることができた。前にも書いたと思うけど、N先生は杖道7段、僕も続けていたらそのくらいになってたかも? 森本先生は今の杖道界では日本で、ということは世界でも屈指のお方だが、僕よりお若い。

202311052

会場は新大阪駅近くの東淀川体育館、新大阪駅で下車したのは何年ぶりだろうか?

そして11日は現在の教室の先生からお誘いを受けて、姫路お城まつりのパレードと杖道演武に参加した。

169969333310212

当日になって知ったことだが「播磨の黒田武士顕正会」からパレードに参加するに合わせて高砂の杖道教室にお声がかかり、他の杖道教室にも参加のお誘いがあったのだった。だから高砂、小野、西宮などの教室や道場から多くの方々が参加された。顕正会の方々は鎧兜の衣装で、我々はいつもの稽古着姿だ。

パレードは姫路城正面の大手前通りを大手門まで行進し、それから大手門広場の特設ステージで杖道演武を行った。上の写真は演武終了後の記念撮影時で、この中のどこかに僕もいる。右端の赤いきぐるみは姫路ゆるキャラの一人で勘兵衛君。

今回も含めて姫路には縁が深くて、Blogにも何度も書いている・・・リンクは面倒なので貼らないけど。

で、実は今回、思わぬ人との再開があった。

なんと42年前、神戸の王子スポーツセンターで合気道と杖道を習っていたときに一緒に稽古していたH君だ。当時は大学院生だったからご一緒したのはたぶん2年位だと思う(学科は違ったけど学部後輩)。

彼はすぐにわかったらしいけど、僕は言われるまで気が付かなかったという、毎度の迂闊な話(^_^;)。失礼しました。今は高砂の教室で杖道の稽古をしているとのことなので、また審査や大会、講習会などで顔を合わせることもあるだろう。

この年になってこういうこともあるんだなと嬉しかった。若い頃に何かやっていると後々に色々と驚きや楽しみがあるものだね。

|

« 毛玉取り | トップページ | リンク、覚書などとりあえず »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 毛玉取り | トップページ | リンク、覚書などとりあえず »