« 小説「リスボンへの夜行列車」から | トップページ | ChromeとHP不具合 »

2024/02/29

Very Early

2月も今日で終わり。

中旬は異常に暖かい日が続いたがこのところは真冬なみの寒さで、朝早くにはとても起きられず布団からなかなか出られない。

・・・と、無理やりこじつけたVery EarlyはBill Evansの名曲だが歌詞があるとは知らなかった。歌詞の最後が早朝を示唆しているけど直接は関係なさそう。

以前からセッションでやってみたいと・・・、 思うだけで一向に実現しないといふ(^_^;)。

Very Early
Gabriela Kozyra - voice
Tim Langedijk - guitar

コード進行も変則だが、メロディーがドミナント7thのb3とかb9とかb5とか、なんともやりづらいがそれでも美しいメロディーになっているというのが不思議といえば不思議だ。インストでも難しい曲をGabrieaさんは見事に歌いこなしている。ギターもいいね。オランダの方々らしい。

次は何度か紹介しているVib奏者のTim Collins氏による、Very Earlyを使ったEar Training動画。偶然ながら上の動画のギタリストもお名前は同じTimさんだ。

1.コード進行にしたがってコードを鳴らしながら、ベース音(ルート)を歌う
2.ベース音の上に構成音の3音(Triads)を歌う-ただし楽器は使わない
3.ベース音とメロディーを音名で歌う

ユニークというか超むずいというか、そんなんできるかい!(^_^;)!

3.はよくわからないがメロディーにベース音がない場合はまずベース音を歌ってからメロディーを歌うってことかな?

まぁ、そのうちトライするかも?

最後は本家、Bill Evans Trioの演奏。オリジナルは思ったよりゆったりしてますね。

付け足しで練習用-Backing Trackの動画はいくつもあるけど、楽譜付きをアップしておこう。ちょっと練習してみたがやっぱりテーマだけでも難しい。

|

« 小説「リスボンへの夜行列車」から | トップページ | ChromeとHP不具合 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 小説「リスボンへの夜行列車」から | トップページ | ChromeとHP不具合 »