2017/07/16

PCレイアウト変更

PCのレイアウトを変更した。

以前にも二回くらいだったか変更して、低い座机に畳にすわった状態で使っていたんだけど、どうもこれは足腰への負担が大きいのと、姿勢も猫背になるし、右肩がだるくなるし、やっぱりデスクにした方がよいと思っていた。

で、ネットでPCデスクを探してみたんだけど、安いのは評価がまちまちだし、それなりに場所を取るので、前段階の片付けも大変だ。

とはいえ、このままではあかんというので、数日前に近所のホームセンターに行ったら、ネットでみたようなデスク以外に、小さなデスク&チェアセットというのがあったので、えい、これでいいやと決めた。

価格は税込み3480円で、ネットにある一番安くて人によっては評価のよいのとあまり変わらず、シンプルなわりには割安感はないけど、このデスクだと今の座机よりも小さいので配置換えの片付けが簡単で場所もとらない。

Img_6997

PCは一体型だから見ての通りシンプルだ。下の箱は関係ないけど、もし次にデスクトップタイプに変更する場合でもこの下に本体をおけばよい。

畳に椅子、というかその上に電気カーペットも敷いているので、そこに直接椅子の4脚が乗るとかなりな負担ですぐに穴が空くと思うので、1枚300円くらいのマットを2枚かって重ねて敷いている。

でもこれはこれで圧に弱いみたいでこれこそ穴が空くかも、むしろ板でも敷いた方がいいかもと思い出しているくらいだが、まぁ、安いものなのでしばらく様子を見よう。

デスクは思ったより奥行きがないので、操作中は両肘が浮いた状態になるから、気をつけないと腕を持ち上げるようになって、また肩が凝って元も子もない。なるべく腕を持ち上げるような意識をせず、肩の力を抜いて両手を自然にぶらさげるようにしないといけない。

でも、これは案外、最近勉強しだした体の使い方であるアレクサンダー・テクニークに通じるからいいかもしれない、などと思いながら書いている。

ついでにまわりにごちゃごちゃしていた本を片付けたんだけど、これもまた読むこともほとんどなさそうなんで、処分しようかと思う。

古本で売っても大した額にならないから、いつもお世話になっている隣町の図書館に寄贈として持っていってみよう。たいていがと図書館になくて買った本だから、たぶん受け入れてくれるだろう。駄目な本は古本屋かな。文庫本も含めて20冊以上、半分くらいが村上春樹だ。

Img_6999

あ~、ちょっとだけすっきり。

で、このレイアウトにはもう一つ利点があって、といってもまだ試していないけど、椅子を反対にむけてドラムパッドをおけばスティック練習がしやすいし、エレピもここに置きやすい(エレピは壁に立てかけたままで全然使いも練習もしてない)。

今は居間(ダジャレじゃないよ)の隅っこにある母から譲り受けたピアノ用椅子(ピアノ本体は下取りしてもらったことは以前に書いた)の前にパッドをおいているんだけど、TVもあるしダイニングでもあるしで、なかなか練習というわけにいかないから、これからはもっと練習できるに違いない・・・、たぶん。

実は2階にDellのXPマシンが置いてあるデスクがあるんだけど、これはもっと昔、画面がまだCRTだった頃にそれに合せて買ったデスクで大きすぎるので、これもXPともども処分しないといけない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/05/21

PCがヤヴァイ

続けて投稿。

このところ、PCがフリーズすることがままある。

YouTubeとかFacebookの映像をみている時に、一瞬黒い画面が出て、その後になんだったっけ、ディスプレイアダプタかなんかが異常動作して回復しました、とかいうメッセージが出るんだけど、その次に映像を再生しようとすると、ほぼ確実にフリーズして青い画面に白い文字が出て、その後は真っ黒の画面の左上に昔のDOSのカーソルが出て止まってしまう。

何回かそういうのを繰り返しているうちに、これはFacebookをスクロールしているときに映像がアップされているのが繰り返し出てくると起こるという結論になった。

というのも、試しにYouTubeでいくつもの映像を(というより音源だけど)再生していても起こらないが、FBを開いているときに起こっていたからだ。FBの自動再生をオフにしても同じだった。

ということで、PCではなるべくFBを続けてみないようにしようと思っているが、FBの楽しみというのが主に海外のフレンドの投稿する音源=映像なもんで困ったことだ。

タブレットで見ればいいんで、そうしてはいるんだけど、音が貧弱だからね。

以下、FBに書き込んだ今後の対策というか無策をそのまま貼り付けておこう。

Win7のままで使っているPCがフリーズした。

最近は、FBやYouTubeで映像を再生しているときなんかに、お馴染み(^_^;)の真っ黒の中に青い画面+白文字で止まることがたまにある。 再起動して「PCの問題解決」メッセージを見るとAMD Display Adapterというのが原因らしいんだけど、そのリンク先に行くと「新たな開発に資源を投入するため、このバージョンのサポートは終了しました」なんて書いてあってどうにもならないみたい。

まぁ、たま~に起こる程度で再起動すれば戻るから大して困らないといえばいえるし、新しいPC購入というほどの要求もないし。 あとは年初に会社のPCがHDクラッシュという人生初の体験をしたんで、そういうことがないことを祈るだけかな。

Win7の延長サポート期限(僕のPCは2020年らしい)が迫ってきたら考えようかと思うけど、その頃には年金生活者になって買い替え予算がないかも(^_^;)。

ということで文字ばっかりなんで、毎度ながら映像を貼り付けておこう。

なんとフレットが移動できるギターだ。中近東あたりの微分音階に対応するためらしいけど、平均律でない音階、ピタゴラス音階とかミーントーンとか色々と対応できるということだ。

最近は平均律とか絶対音感に対する見方がずいぶんと変わってきたので、また話題にしたいと思っている、忘れるかもしれんけど。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017/01/29

Giga Pocket Digidal トラブル & Burton氏引退

珍しくPCネタが続くが。

年末に長男が帰省したとき、「ガキ使」を観たいといい出したが、家内は「紅白」をみるという。

以前に書いたけど、アナログTVはデジアナ変換器なんてのも面倒だしネットでみると動作不良でトラブったりとかも多いとかあったので処分してしまって、今はデジタルが一台しかない。

録画してあとみればいいじゃん、といっても元日は遊びにでかけるし2日には帰らないといけないし、年末はこれを見るでしょ~、だから今みたいという。

このPC、VaioはTV受診もできるはずなので、ヘルプを見ると表題のGiga Pocket Digitalの設定をすればいいとある。

ただ設定=インストールしようとしても途中でファイルがないとか使用できないネットワークリソースとかなんとかいって止まってしまうのだが、何故かTVは映るようになったので、とりあえずはOK、ガキ使はPC、紅白はTVということになった。

ちなみに僕はどっちもみない。

ところがそれ以来、PCを起動するたびにGiga Pocketのインストールが始まって、使用できないネットワークリソース・・・が頻出するようになった。

Giga

このソフトはなぜかコントロールパネルで出てこないのでアンインストールもできない(インストール出来てないらしいんだけど)。

こういうのは苦手なんで、とりあえずタスクマネージャーを常駐させといて、出てくるたびに終了させているんだけど、うっとおしい。

ということで検索してみたら、対処法(たぶん)を書いてくれているサイトがあった。

まだ内容がよくわからないので何もしてないけど、そのうちになんとかしようと思う・・・、というための覚書。

も一つはNTTが回線を光なんちゃらから光ナンチャラに勝手に変えるので契約変えてね、といってきた。

面倒なんで、どうぞっていったら変更時に設定しなおさないといけないけど、Win7には対応してませんなどと。

このPCはWin7のまんまで、Win10にしてないのだ。こういうことがあるんならしとくんだったかな。Win7にも対応しといてくれないと困るよな~。

最後は音楽ネタ

Burton氏引退宣言なんて、大騒ぎといえば大騒ぎなんだけど、僕でも早く隠居したい年になったんだからそれはそうだよね~、という話。

Gary Burton & Makoto Ozone Live at Montreux 2002

来る6月に来日公演(今のところ関西は大阪いずみホールが決定、神戸近辺でもないかな~)があり、Gary Burtpn氏はこれを機に「演奏活動の第一線から退く」という話だ。引退ということなんだろうけど、この文からだけ判断するなら演奏活動の第一線以外の活動は続けるとか、第二線にはいるのだろうかとか考えたり。

Aburtonozone

Vibを始めた1971年頃からずっと目標、とはとてもいえないけど、目指すはるか彼方の向こうにいる演奏家だっただけに残念ではあるけど、だからといってどうというわけではないので、これからもはるか彼方の頂上の方であることには変わりないです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017/01/25

HDDクラッシュ - KWISATZ HADERATCH !

パソコンのハードディスクがクラッシュした。

といっても今使っているのんじゃなくて、会社のだ。

ヘルペスにベル麻痺と僕の体調不良に合わせたように、療養休暇後の出社した月曜の朝に駄目になった。

HDDクラッシュは聞く話ではあるが自分がそういう目にあうとは思わなかった、というか他人事だと思ってたというか。

しかし年明けに会社のサーバーにバックアップはとっていたので、消えたのは1週間分、あとの一週間は自宅療養で何もしてなかったから、これも自分の身体と同じく軽症でよかった。

その一週間分にしても、試作配合とかちょいとした覚書だけど結局その配合は結果不良だったので、これは駄目だったという僕の記憶程度で十分なものだったので、ほんまによかったですわ。

ということは家のだってクラッシュすることを考えとかないといけないんだな~。

しかしバックアップするといってもメールはNiftyでパソコンじゃないし、このBlogもNiftyだし、FacebookはFacebookだし、というのはつまりこいつらは僕のPCじゃなくてネット上のデータだ。

あるっていえばCDを取り込んだ音楽データで、これはCDがあるわけだし、あとはデジカメで撮った画像や映像くらいかな~。

画像や映像もいってみれば記念的なもので、自分の思い出があれば十分といえば十分だ。

う~む、あえていえばネットで拾った楽譜とか自分で作ったMuseScoreの楽譜くらいか、といってもこれもなければないでなんとかなるか。

結局、「これは無くなったら困る!」、というほどのものはないのか(^_^;)。

というのでは愛想ないので、この写真。

Facebookで「KWISATZ HADERATCH !」ってキャプションつけてシェアしたんだけど、ほとんど反応がなかった。

Kwisaz

Duneなんてもう古いのかな。ナウシカのもとになったとか、Star Warsの舞台もDuneなのだけどなぁ。

そうそう、Dune、「砂の惑星」は6巻まであってすべて訳本が出たけど、最後の2巻は買う前に絶版になって再発されずに読めなかったんだ。ハヤカワに直接電話して再発されないのか聞いたら、その予定はないとつれない返事だった。

だから5巻は英語版を大阪の紀伊国屋で買って読んだけど、6巻は手に入らなかったので、当時通っていた英会話スクールのインストラクターが一時帰国するときに頼んでアメリカで買ってきてもらったんだ。でもそれは途中まで読んでそのままだ。

僕の持っているのは石森章太郎の挿絵であります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/12/10

Blogデザインの検討

この頃はYouTube画像が横長が多いので、このBlogでYouTubeを埋め込むと右端が切れてしまい全体が見れないことが多くなっている。

Blog20161210_2

それとともに広告がでても消すX印が表示外になって消せないし、さらには最近は左上に「全画面表示できない」というようなのまで出てきて鬱陶しいので、ちょっと画面表示を色々と試してみよう。

試行錯誤段階なので、とりあえずYouTube画面全体が出るようにサイドバーが左端だけのデザインにしたけど、これは全然気に入っていないので、もっといいのがあれば変更したいところだ。

Blog20161211

追記:・・・などといいつつ、どうもこのデザインには馴染めないのでもとに戻してしまった。

追記2:もとに戻したもう一つの理由は、こんなBlogでも定期的に読んでくださる方はいらっしゃるので、その方々がアクセスした時にデザインが違うと戸惑うんじゃないかということもありました。

 ということで、元通りです。

追記3:PICKS-CLICKSさんからコメント欄でYouTubeの表示サイズ変更ができることを教えていただいたので、このままでよいことがわかりました。過去分も徐々に修正していきます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016/11/08

私流 Facebook の楽しみ方、など

世の中、SNSが盛んというが、Facebookもそろそろ限界という話もあるかも。

このところ関係がなかったり興味のないフレンド投稿を次々に非表示にしていたら、タイムラインのフィードがどんどん減って一部のフレンドの投稿しか表示されなくなってしまった。

見なくていいフィードがなくなった一方で、珍しい音源とか面白い記事とか意外な内容の投稿に出会う機会もなくなってしまったのが残念、というかもともとそういうのが楽しみだっただけに、同じ人の(大体はおんなじような)投稿ばかりではどうにも面白くない。

Facebook側が機械的に出したり引っ込めたりしているのだろうが、「非表示にする」とか「フォローを止める」とか後ろ向きの設定は出来るけど、表示されない投稿を見えるようにする手段はどうも見当たらなくて元にもどす術がない。

仕方ないので、誕生日のお知らせがあるとその人のタイムラインを覗いてみるとかしていたんだけど、もう一つ、「一年前 この日の思い出をみる」というのを利用することにした。

この機能、最初は鬱陶しいなと思ってたんだけどこれも活用次第で、自分だけにシェアしといて過去のことを見ると、その日にフレンドになった人も表示されるので、そのタイムラインも覗いてみている。過去の自分の投稿にも面白い再発見があったりするしね。

ここ数日は続けて投稿してしまったけど、このところは投稿を控えているのと、以前はこまめにしていた誕生日メッセージもほぼ止めて自分の誕生日も非表示にして、表立っての活動は減らしている一方で、公開範囲を「自分のみ」にして面白い投稿とか音源などをシェアしたり、メモや備忘録代わりにも使ったりしていて、自分のタイムラインはむしろ以前に増してごちゃごちゃしている。余裕があればそれをこちらのネタにしようとか思うんだけどね・・・、なかなか。

まぁ、このくらいで収めておくと時間もそれほど浪費せずにFacebookとつきあえるかな。

というだけでは愛想ないので、最近のお気に入り、スペインのかわいこちゃんトランペッター兼サキソフォニスト兼、どうも最近はもっぱら歌手の、Andrea Motisちゃんの映像を埋め込んでおこう。やっぱりジョビンはいいなぁ。

バックコーラスっぽく歌っている娘も歌ってトロンボーンを演奏する人なのだ。

・・・と、結局音楽ネタになってしまうんだけどこの曲は相変わらずギターアレンジをだらだらと練習していて、テーマはなんとか弾けるというか暗譜したので今はソロ部分に挑戦中。

以前に出したことのある、Stephanieちゃんがお気に入りなんだけど、映像がちょっと粋なのがあったので今回はそちらをアップ。この速さではとっても弾けないけどね。

ついでだから、も一人のお気に入りギタリスト Tatyanaさんの音源もアップしておこう。この曲も同じく Dyensの編曲で挑戦中なのだ。

しかしこの人の映像は音に聴き惚れる以上にお顔に見とれてしまうのだな。

他のギタリストは美人でも大体難しい顔して弾いてるけど、Tatyanaさんは実に表情が豊かできれいだ。これだけ表情豊かに弾くのはかなりな余裕がないと出来ないという気がする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/07/16

ブルーライトなんちゃら

ヨコハマ・・・、ではもちろんない。以前から問題視されているディスプレイやLEDから出るブルーライトのことだ。

日焼けでも同じだが、短波長の光はエネルギーが強くて身体に色々と影響を及ぼす、なんて話は今さらいらないだろう。

とはいえ、ほんまに目に悪いのかどうか色々異論はあるようで・・・、いろいろいろん・・・、うろんな奴め!

とはいえ、ブルーライトカットメガネをしたら楽になったとかいう話もネットにあふれているし、息子が以前からクリップオンタイプのカットメガネをしていて、楽になったよ~、なんていうのもあるし、年とともに目は衰えるのは確実だし、とか考えてクリップオンタイプのカットメガネを買ってみた。

カット率が高くてAmazonなんかで評価のよいのがいいだろうと思ったんだけど、意外とそういうのはなくて、安いけどカット率も評価もあまりよくないのばかり。

Img_4333そんな中でちょっと高かったけど、ELCOMのものがカット率も評価もよかったので、それを買ったのがこの写真の左上のメガネだ。ただしこの製品はもう生産されていないので、在庫限り。だから高かったのかな。

カット率ばかりに目がいっていて深く考えてなかったけど、これだとほとんどサングラスに近いね。息子のはもう少し色が薄い。

右上はガラスレンズで度が強い運転用、中央下はプラスチックレンズでやや度が弱い近距離用だが、どちらももう相当昔に買ったものだ。

去年の白内障手術前はこれよりさらに度の強いメガネでないと運転もできないほどだったが、手術後はそれまで近距離用に使っていたメガネで遠距離までよく見えるようになった。ただし近距離はこれだとボケてしまうので、20年位前に老眼が出だした頃に買ったものの、ほとんど使っていなかったお手元用(近距離)のメガネを普段はかけている。

お手元用はプラスチックレンズだからだろうけど、買った当時は無着色透明だったものが黄変してしまっている。まぁ、少なくとも20年以上は経っているからね。使いもしないのによく置いていたものだ。

しかしメガネレンズは紫外線カットのものがあって、クリップオンのブルーライトカットメガネを買う必要がなかった、なんてコメントもAmazonにはある。

Glassesということで、某所(どこだ?)でそれぞれの分光透過率を図って見た図がこちら。レンズは湾曲しているし、コソコソと人目を忍んで急いで測ったから、あくまで相対的なグラフだ。

一般的に紫外線というと400nm以下の光だが、左の短波長側までぐ~んと伸びている青っぽいラインがガラスレンズで、これはまったくといっていいほど紫外線をカットしていない。レンズはわずかながらアンバーがかった色をしているけど、紫外線にはまったく効果のないガラスそのものの透過率、というより一般的なソーダ石灰ガラスよりも透過しているから、硼珪酸ガラスかな。いわゆるパイレックスという強度の高いガラスかも。色が付いているからといって安心しては駄目なのだ。

ガラスの種類辞典-パイレックスとソーダ石灰ガラスの紫外線透過率

真ん中、400nm辺りでぐっと立ち上がっている黒いラインがプラスチックレンズ。こりゃ紫外線はほぼカットしてるじゃないか。

まぁ、一般的に透明プラスチックというのは光で劣化しやすいので紫外線吸収剤を添加しているのが多いのは仕事で知ってはいたのだが。

で、ウネウネと凹凸のある赤いラインが今回のブルーライトカットメガネ。

確かに400nm以上の光もある程度カットしているので、効果はあるといえるんだろうけど、普段がけのプラスチックレンズメガネでもいいかも・・・、というところだなぁ。

それからもう一つが、検索しているうちに見つけたディスプレイの色温度を変えるフリーソフトだ。色温度を下げると画面の青み成分が減少する。

ブルーライトを軽減できるフリーソフト『f.lux』

このリンク先に解説とDLのリンクがある。

会社でこのクリップオンメガネをつけていると、とても怪しくて恥ずかしいし、普段がけのメガネが紫外線はカットしていることもわかったので、会社のPCはこのソフトで色温度を5000度程度に下げて青みを減じている。

色温度を下げただけでも気分的には楽になった(あくまで個人的見解)。ただし解説には「このソフトでブルーライトを下げられるのはごく一部」と書いてある。

今日は家のPCも色温度を下げた所。これにクリップオンをプラスすれば十分かな・・・、たぶん・・・、効果のほどはわからんけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/04/17

ホームページ移動

パソコンを初めて買ったのが、1995年の夏頃だったかな。FujitsuのFM何とかだったと思う。

その年の暮れころから、PCについていたNiftyServeのソフト(ニフマン)を使ってパソコン通信を始めたのがネット(当時はネットとはいわなかったかな)の始まりだった。

一時期はパソ通も盛り上がりがあったけど、インターネット、ホームページの普及とともに廃れて、NiftyServeが終了したのは2004年だったかな。

僕も流行に乗ってみようとホームページを開いたのが、一番古い日付からして2003年8月だったようだ。

しかし、その後ブログが流行りだしてそっちに乗り換えたので、もう10年以上も更新せずにほったらかしだ。

そんなこともあってかどうか、Niftyがホームページサービスを終了するといってきた。

ただ、今までの利用者は無料のサイトに移行できるというので、とりあえずというか、ほったらかしだから消えてしまってもいいんだけど、まぁ、せっかくだからと移行しようというだけの話です。

しかし無料のサイトに移行サービスするなら、そのまんま続けるわけにはいかなかったのかな。

・・・が、サイト内のリンクを修正しないとリンク先は旧サイトのページに飛んでしまうから、これまでのサービス終了後はリンク切れになるんだな。

これからも更新しないだろうしなぁ・・・、チッ、めんどくせ~(^_^;)。

とりあえず右のリンクを新しいURLに更新しました。ページ内のリンクはまだ更新してないけど。

Taki's Home

ついでにプロフィールも古いので若干修正しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/12/14

MuseScore/楽譜作成フリーソフト

セッションには楽譜を持参というのが鉄則だけど、その楽譜が怪しいことがままあるということは以前に書いた。

黒本=Bibleに非ず

あるいは、イベントなんかに参加する場合にも共演者に楽譜を渡しておく必要がある。

そうなると自分で楽譜を作らないといけないけど、悪筆の僕は手書きはどうも苦手だ。

そうはいってもセッションレベルの楽譜をつくるために高価なソフトを買う気にもなれないので、Finaleの無料版とか、既存の楽譜をスキャンしてWindows付属のペイントソフトで処理したり、あるいはpdfファイルにしてオンラインのエディターを使ったり、昔のMIDIソフトのCakeWalkやBand in a Boxを使ったりとかしてたけど、どれも今ひとつきれいでなかったり手間がかなりかかったりしていた。

で、再度フリーソフトを検索したら、タイトルのMuseScoreというのがよいらしい、と思ったら、これは以前にダウンロードしたものの、使い方がわからずほったらかしていたソフトだった。

検索にひっかかってきたのは、YouTubeにある英語版解説に日本語字幕がついたページなので、これを見れば何とかなるかな、という話。

で、この解説をちらちらとみてから使ってみたら、なんのことはない、メニューのヘルプから日本語のハンドブックもオンラインでリンクしていたのだった。

Amominoki というわけで、今日はMuseScoreでドイツ民謡でクリスマスソングの「もみの木」、Jobimの"Triste"と"O Grande Amor"の楽譜を作った。

慣れないのでちょっと時間はかかったけど、基本的な機能だけでセッションには十分な楽譜ができた。

今までのソフトではやりにくかったコード入力と、各段の小節数変更が簡単にできるのがよいね。お勧めです。

上の画像は、作成した「もみの木」の楽譜。GRPのクリスマス・ソング集でGary Burtonが弾いているバージョンだけど、曲は民謡だから版権がないしコード進行も版権がないということなので、公開してもいいでしょう。興味のある方は試してみてください。

最後の小節のBbm6はテーマではFdim/Cでしょう、たぶん。

演奏はこちら↓、去年もアップしてたかな。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2013/05/03

脱Facebook、脳死からの脱却

FBフレンドのリクエストもペースダウンしたとはいえ、ぼちぼちときている。

大体は相変わらず海外からのパーカッション系の人だが、そうでない人もいる。少し前には若い女性から3人続けてリクエストがきた。先方のページを確認してみるとどう考えても怪しげなツリとしか思えないので、こういう方々のリクエストはすぐに削除しているが、そうでなければ承認しているので、とうとう420人を超えた。

海外が多いということは、フィードの言語も多様で、というか中南米が結構多いので、スペイン語が多い。次が英語かと思うが、それに中国語、韓国語、アラビア語、ドイツ語、オランダ語、その他よく分からない言語だったりして、それが24時間体制でフィードされるので、半日もすればすごい数になる。

当初はそういうのも面白いので、スクロールして流し見だけでもしていて、たまに面白い投稿なんかをみつけたりしていたんだけれど、400人を超えると、もうそれだけでもかなりの時間が必要になる。一日も経てばとっても見切れたものではない。

せっかくフレンドになったんだからと、今まではダラダラとスクロールしていたんだけど、毎日とられる時間が馬鹿にならず、それこそFB中毒みたいになってしまった。

そこでとうとう、フィードの制限をすることにした。フィードの右肩にある矢印をクリックすると、非表示にできるメニューあるが、非表示にすると「XXさんからのアップデートの種類を変更」というメニューが現れる。デフォルトでは「ほとんどのアップデート」にチェックが入っているので、「重要なアップデートのみ」にして、ついでにその下の「ゲーム」、「その他」もチェックをはずす。

さらに調子に乗って「コメントといいね!」のチェックをはずしてしまったからか、フィードが大幅に減ってしまった。一旦、フィードがなくなると、もとに戻す方法が見当たらない。どうもその人の重大なアップデートがあるまでは変更できないみたいだ。この辺がFBの不便なところだな。

今のところ、日本人のフレンドのアップデートは変更していないので、日本語ばかりになってしまったが、なにせ日本人のフレンドは少ないから、半日たっても以前とちがって大した数にはならない。

まぁ、時間が取られなくなったから、いいとしよう。

さて、これは脳死状態になって何の反応も示さなくなってしまった我が娘を、両親はこれ以上命長らえるのは不憫だからと合法的な安楽死の決断をしたという悲劇、その原因は・・・

Brain-Dead Teen, Only Capable Of Rolling Eyes And Texting, To Be Euthanized

FBが脳死の原因という、アメリカ版虚構新聞でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)