2017/05/31

5月のことなど

春から初夏にかけてはよい季節柄、色々と行事が多いが、爽やかな5月も今日で終わり・・・、なんてことを日記というかメモで書いておこう。

連休はなんということなく過ぎて、二週目に白内障手術の予約をしたのは少し前に書いたが、その週末、12(金)、13(土)と2日続けてセッション参加、14(日)は姫路アートフェア(というよりはクラフトフェアと呼ぶ方が近いと思うが)に遊びに出かけた。クラフトでは、4月にも丹波の年輪の里でのクラフトフェアに家内と行って遊んできたのだ。

Adsc_0039 明石のFun Fullは楽器やらなんやらを備えたレンタルスペースで、奇数月に以前のスカーレットの小鳥でホストをしていたピアニストさんがセッションを担当していて、3月に初めていったところだが、小鳥さんに似て木を活かした落ち着いた内装で気に入っている。

今回はホストさんがツアーに出ることから、何度かご一緒しているオルガニストさんがホスト代理(ホステスというべきかな)なので、これは是非行かねばとヴィブラフォンを担いで参加、久しぶりにご一緒できて楽しかったし、他の参加メンバーもレベルが高くてとてもよかった・・・、のは他のメンバーで、自分の出来としては久しぶりのヴィブラフォンということもあって、も一つだったんだけどね。でも珍しい楽器が来たということで喜んでいただけた。

その際に翌日の青空堂も同じ事情で代理で弾いてるから来てね~、なんていわれたらもうこれは連チャンで行かねばと、しかしここは狭い螺旋階段を上がらないといけないので、MalletKATの出番。

Adsc_0049

以前はそれほど多くの参加はなかったんだけど、最近は沢山の人が来て、これもレベルが高いというか、プロも来てたし賑やかに盛大に盛り上がった。

写真はお顔が出ているので縮小。右端にMalletKATがある。

真ん中でペットを吹いているのは小学校4年だそうだ。すごいね、といいたいところだけど、パパさんが色々と口出し、指図してるみたいでどうもちょっとなぁ~、という気がした。あとで聞いた話とか演奏中の様子とか、終了後のパパさんがああだこうだと小言をいってた様子から察するに、かなりストレスを感じているように思う。

Adsc_0052 姫路アートフェアも3回目だったか、最初はギター持参でポルタティーフオルガンとお手合わせしていただいたりしたけど、その後、木琴(白鍵のみ2オクターブ)も作家さんが作られて展示となったので、去年、今年は木琴で遊んできた。写真はアメリカ人(たぶん)カップルがモノコード(単弦楽器)で遊んでいる所と、手前が木琴。モノコードは音色と音量がまだちょっとというところ。

Adsc_0055

国宝、世界遺産のお膝元で遊ぶというのもなかなかと乙なもんです。

後片付けなどもお手伝いしたので、帰りは東加古川でオルガニストさんのなじみの中華料理「龍」でラーメンをご馳走になってしまった。

お店の名物サー(酢)ラーメンはかなり辛い。一昨年も同じようにご馳走になってその時は辛いという印象しかなかったけど、今回は食べた後はすっきりする、というのを初めて知った。なんかクセになりそうな。

3週目は自治会の役員会で、夏の納涼祭と秋の敬老会(という名称ではないけど、僕も今年からその資格が出来てしまった)の計画など。書記だから議事録と月一の町内新聞を書いている、といっても内容はほとんど自治会長が作ってくれるので文章化するだけ。会社で報告書やらなんやら作ってた経験がこんなとこで活きてるかな。

先週は前回書いたように、水曜日には加古川までヴィブラフォンかついで音遊び。

そして週末の26(金)は家族3人とも休みだったので、小野市の小野アルプスハイキング。

Aaimg_6652 山歩きは久しぶり、とはいえ、カンボジアでも遺跡群を歩いたり登ったりしてたから、まぁ、なんとか最高峰制覇、といっても標高198.9mと、200mにも満たない日本一低いアルプスだそうだけどね。

写真は最高峰の惣山展望台からみた紅山。ここは見たとおり禿山の斜面で、これを登るのはかなりしんどくてスリルがあるそうで、家内と息子は以前にここも制覇しているから、僕もそのうちに・・・、ね(^_^;)。

車で30分もかからないし、近くに日帰り温泉「ゆぴか」もあるので、これからは老後対策に時々行ってみようと思う・・・、というのは今まで実行したためしがないんだけど、今月からは13日出勤、およそ3日/週で休みが増えたのでなんとか頑張ってみたい。

さて今日で5月も終わりだけど、Facebookの「過去のこの日」というので、1974年5月31日は、サンケイホールでのGary Burton Quartet & Ralph Townerのコンサートに行ったことが出てきた。

Burton_ozone そうか、43年前の5月31日、初めてGary Burtonの姿と演奏に接したのだけど、明日は大阪いずみホールでファイナルコンサート、小曽根真とのデュオだ。

単なる偶然といえばそうだけど、なんだか因縁めいてるような。

明日のコンサートを控えて、なんだかそわそわ、ドキドキしてしまうが、別に僕は単なる観客だからそんな気遣いをする必要はないんだけど、1970年代からずっと、My Heroだった人がこれで最後と思うとね。

それと、僕ももう若くはない(Burton氏とは9歳違い)ので自分自身の将来とオーバーラップするような気もしてるかな。

1974年のコンサートについては、ずっと以前にアップしているので、興味のある方はどうぞ。初回分だけリンクを張っておきます。このレポを最初に書いたのがすでに21年前、そしてBlogに再掲したのも11年前の話とは!

Gary Burton Quartet Live in Osaka '74-Prologue

追記:
オランダのVib/Perc奏者、Vincent君からの情報で、Mike Mainieriももう演奏を止めるのだそうだ。Bobby Huthcersonは去年亡くなられたし、月日は流れるのだな~。

小曽根さんのファイナルコンサートに関するインタビュー記事があったので、貼り付けておきます。

小曽根真インタビュー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/05/10

目には眼を Part II

先月が誕生月だったと先月の記事に書いた(2017.4.12)ところで、そろそろ左目の視力が芳しくないという事態になってきた。

去年の暮くらいからか近くを見る時に焦点が合わない症状が徐々に出てきて、本を読んだりするのが億劫になってきたのだ。

2年ほど前に右目の白内障手術のことを書いた(2015.8.26)けど、その後は遠くは右目、近くは左目で見るという使い分けで結構うまくいっていた。しかし左目も白内障が出ていたのが徐々に進行してきて、近くも見づらくなってきのだ。

右目手術後は残った左目の症状進行を押さえる目薬をずっとさしていたので、右目のように急激に悪くならずに、1年半くらいはまずまずの状態だったのだだろうと思う(実際は神のみぞ知る、だと思うけど)。だけど進行は抑えきれなかったということだね。まぁ、年齢的にも仕方がないことだ。

というわけで、休みの今日は眼科に行って手術の予約とそのための検査を受けてきた。

来月の8日が手術、その後は前回と同じく一週間は仕事は休ませてもらおうと思う、といっても今月からは週3日出勤になってるから、休んでも出勤日数はあんまり変わらないんだけど。

検査では瞳孔を開く目薬をさすので、晴れていると屋外では眩しくて目がくらんだりするんだけど、今日は曇天なのでさほどには感じないのでよかった。

前回はそのために家内の運転で通院したけど、今日はなんせ予約だけとりあえずと思って一人で車で行ったんで検査までは考えていなかった。だけど看護師さんから「右目が見えていれば大丈夫ですよ」なんていわれてついつい検査まで受けてしまったもので帰りの運転が少々不安だったのだ。

曇天とはいえ屋外に出るとやっぱり眩しかったので検査した左目を閉じてしまうほどだったけど、車のなかだとそんなことはなかったので「曇天で吉」、晴れていたら今時の日光では運転どころではなかったかもしれない。まぁ、大した距離じゃないから歩いて帰って薄暗くなってから車を取りに行ってもよかったんだけどね。

しかし焦点があいにくい左目が点眼でさらに見にくくなると、ほぼ右目だけで見ることになるわけだけど、そうすると数メートル範囲くらいはかえってよく見えるんだな。

ということはボケた左目の視界がよく見えている右目の視界と重なっていたってことなんだろうな・・・、当たりまえか。

まぁ、手術はすでに経験していてそのときのことを大まかにこのBlogに書いていた(2015.9.2)ので、前回のような不安はないから気が楽だ。

ところで、今月は誕生月ってことを書いた記事にはソルフェージュのことを書いてたけど、偶然ながら前回の手術前にもソルフェージュのことを書いてた(2015.7.5)のが面白いというか、2年近くになるのに全然進展してなかったのだと・・・。

隣町のトレーニングジムやスイミングのことも書いてたけど、これも全く何も進展なしだ。

やれやれ(^_^;)。

さて、毎度のことながらこれだけでは愛想ないので、最近Facebookで知ったブラジルのQuarteto do Rioの映像を埋め込んでおこう。昔のTamba Trio(4)を思い出すね。

せっかくだから、Tamba 4も。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/01/21

医者通いの日々 ベル麻痺療養記

ベル麻痺で医者通い、自宅療養が続いているので、将来のためのメモと誰かの役に立つかもしれないので書いておこう。今回は以下の体験記がとても参考になってありがたかった。

顔面神経麻痺(ベル麻痺)治療体験記

1/7、8:東京、千葉に出かけてウロウロしたり、8日は朝の10時頃から2時頃まで寒風の中、自衛隊空挺部隊の公開訓練や関係者式典、BBQなど参加し身体にかなり負担。
その週の初めより左上腕に1cm弱の発疹と左の肩から腕がずっと硬直、疲労感が続く。
以前の経験からヘルペスと自己診断、その時にもらった軟膏を塗るだけで放置。
この時に皮膚科に行って投薬と療養すれば麻痺は起こらなかったかもしれない。

1/13夜:寝る前の薬を飲む時に口内の水が唇から漏れた。
この時はうっかりしたと思って気にしなかったが最初の異常だった。

1/14:右目が開けにくいのと右頬が硬直感が感じられたので、近隣の大きめの病院へ。
左腕ヘルペスと右顔面が動きにくいと告げる。
MRI:異常なしだが、右に古い脳梗塞の痕あり(写真で5mmくらいの白い点)。
 脳梗塞は古いもので今は気にしなくて良いとのこと。
左腕は帯状疱疹診断だが、その場合は左顔面に影響が出るはずといわれる。

ただしこの時は症状はごく軽いので顔の左右とも動いていながら右に硬直感を感じるといったので、診断できなかった模様。
 帯状疱疹の治療薬をもらう(1週間分)。

午後:神戸駅近くの葱焼倶楽部でのライブを聴きにに出かける。
お好み焼きを食べようとすると左頬が動かず、やっと左が動かないことを自覚。

Adsc_0033_2

1/15:昨日の病院は日曜診療しているので、再度受診。
ベル麻痺と診断、昨日採血の血液検査は異常なし。
3日間の点滴と、投薬:ステロイド剤およびビタミン剤。
 点滴はフィジオ140/500ml 所要時間1時間くらい。

1/16:点滴。
左目が瞬きできず開いたままになるので、眼科受診。
ヒアレイン点眼液:角粘膜上皮障害治療と、夜に目に塗る乾燥防止軟膏。
診断時に耳鼻科が専門の病気だからと耳鼻科受診をわりと強く勧められる。

夕刻、心配になって耳鼻科受診。
ネットでは大きい病院がよいとあるが近くの大病院(明石医療センター)は耳鼻科がないし、今から紹介状をかかりつけ医院にもらいに行くのも面倒なので、駅前の評判のよいところへ行く:以下、その時の話。血液検査結果、お薬手帳提示。

額にシワを寄せて片側が動かなければベル麻痺か帯状疱疹の麻痺(ハント症)。
額のシワが両方動いて片側顔面が麻痺の場合は脳を疑うのでMRI検査をする。
耳のところの神経が圧迫されて麻痺が起こる。
神経は死ぬので、残った神経が伸びて回復に向かう。
耳に異常はないので帯状疱疹によるものではない。
腕の発疹は耳から距離があり、直接関係はないとのこと。

帯状疱疹からの麻痺だと耳に発疹ができるらしい。また症状も重く回復率が低い。

一週間ほどは悪化する場合もあり、その後に徐々に回復する。
症状としてはかなり軽い方といわれる。帯状疱疹の麻痺でないことを確認して一安心。
 →現状の治療を続ければよいとのこと。

投薬は妥当だがステロイド系がやや少ないのは点滴をしているからかという話あり。
目は気をつけないと角膜まで侵されると大変とのこと。
麻痺部分は無理に動かさないようにといわれる。
昔はリハビリを勧めていたが、そのために新生の神経が余計なつながり方をして後遺症が残るというのが今の考え方で、何もしない方がよいとのこと。

 ネット情報では、疲れ、ストレス、寒さ、目の乾燥に気をつけること。

1/17:点滴 症状は変わらず。
ただし起きてから目がすごく染みて痛いので眼科再受診。
寝る前の軟膏が原因だろうからそれを止めておく指示。
 ついでに継続中の白内障予防点眼液をもらう。
 
ネットでみると、ベル麻痺でも咀嚼困難とか味覚障害とかあっても軽症とあるが、僕の場合は咀嚼も味覚も異常がなくて、左額から頬までが麻痺のみ。
食べる時に口が開けにくいのと頬が動かないので食べ物が左頬に溜まることと、唇を使う食べ物や食べ方の時にひきつって食べにくいという程度でそれほどには困らない。ただ瞬きできず目が乾燥するのが困る。

左目は一応は見えなくなる程度には閉じるが、力が入らずしっかりとは閉じないので、顔を洗う時に隙間から目に水が入る。
一番の苦労は頭を洗う時:タオルで押さえたりとかしたが、左手でしっかりと押さえて右手だけで洗うのが今のところ最上のようだ。
水気を拭き取るときとか、頭を洗うのに目を押さえるには、必ず上から下方向へ力を向けて行くこと。逆向きにするとまぶたがめくれて目にタオルがあたったり水が入る。
入浴時や洗顔時のしぶきも簡単に目に入ってくるのでいつも静かに洗う必要あり。
タオルで拭く場合も意外と不用意にタオルの端が回って目に当たるので注意。
  普段は結構いい加減なことしていることがよくわかった。

1/18:診断(最初の病院)
症状は変わらないが、発疹はかなり治っているので、最初の薬は1週間で終わる。
ステロイド、ビタミン剤はもう1週間続けて、1/28に再診指示。
大体1ヶ月で回復状況を判断するとのこと。

顔を動かす訓練をするようにいわれたので、耳鼻科で聞いたとはいわずネット情報では、神経が変につながるので動かさない方がよいとあるといったところ、動かさないと衰えるから、無理にしなくてもよいが動かすようにと顔をしかめる動作を示された。
→曖昧に答えたが、食事や会話で結構動かすし、目は頻繁に閉じないと乾燥するのでこの程度の動作でいいかと思っている。
点滴のフィジオ140はネットでみるとブドウ糖や電解質としかなくてステロイドの記述はなかった。
そのことはいわずに点滴は何かと聞いたらステロイドだとの返事。
 どうもよくわからないが、軽症だしステロイド剤も飲んでいるのでOKかな?

1/19:会社出勤 調子は悪くない。
病欠後の出勤のせいか仕事の意欲は正月休み明けなどに比べると上々。
夜は自治会役員会→昼夜と続いたせいか、その後はだるくてゴロ寝してしまった。

新発見:化繊の毛布は暖かいが熱がこもるようで妙な暑さを感じて明け方に目が覚めその後寝付けないが、綿シーツの布団に変えたらよく眠れ、明け方にトイレにいって目が覚めた後もまたよく眠れた。

1/20:連続出勤はまだ避けたいので自宅療養だが、また海外旅行に行くと家族がいいだしたのでパスポート更新に三ノ宮まで出かける。
しかし金曜の昼間とはいえ、神戸最大の繁華街は閑散としていて昔の面影がなく少々淋しい。

Adsc_0043_2

よい天気で暖かいので、サンプラザやセンタープラザの楽器店を久しぶりにウロウロして、さんちかタウンでケーキやパンを買ってきた。
症状は若干よくなっているかも、という程度 頬が少しだけ動くかな。それと額も左はシワがないままだが動かそうとすると少しシワがよる。額のシワだけでいうと、今のままがいいかも(^_^;)。

Adsc_0053

1/21:症状変わらずだが、まぶたに少し力が入りだしたかも。
かかりつけ医院受診:逆流性食道炎と寝る前の薬(安定剤)
麻痺の件を告げ検査結果を提示。
簡単な診断は異常なしだが、検査でALT(GPT)が33で30を超えているので食事に気をつけるようにいわれる。検査基準値記載が40になっているのは間違いだそうだ。
昨年10月にした痔疾通院の医院での検査では19と低かった。
今飲んでいる薬のせいなのか正月の不摂生のせいかは不明。
昨晩、寝る前の乾燥防止軟膏を目に塗ってみたが、今日は目が染みて痛いのでやはり合わないようだ。前回は午後には治まったが今日は午後になっても痛い。

最初に行った医院は評判は悪くないし設備もそれなりに整っているけど、フィジオがステロイドなのかどうかとか、顔のリハビリは古い考えらしいとか、ALTの基準値記載が違っていたとかあるので、自分なりに考えておく余地もありそうだ。

※追記:ALTの基準値は一定していないようで、10月の検査表には5~45、今回の病院は40、かかりつけ医院は30、ネットでは30やら5~46やら4~37やら一定していなかった。こういうのは個人差もあるんだろうけど素人にわかるようにしてもらいたいものだ。

ただ耳鼻科の先生からはOKといわれて、どうしても治らないようならまた来てください程度の話だったので、このまま通院を続けようと思う。

以上、発症から1週間の経過。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2017/01/03

正月早々、腱鞘炎に悩む

Facebookをみていると横にやたらと宣伝やらお勧めリンクが出る。

いつもは無視しているんだけど、腱鞘炎という文字が目についたのでなんとなく覗いてみたところ、どうも左右ともにその傾向があることがわかった、といってもそのサイトはわからなくなってしまったので、別のサイトを貼り付けておこう。

腱鞘炎の症状別の治し方

腱鞘炎の説明が長くて症状の確認とか治療法がずいぶんと下までいかないとないんだけど、僕の場合はドケルバンという手首の方だ。

-引用- アイヒホッフテスト
以下のポーズをとったときに痛みを感じる場合は、ドケルバン病である可能性が高いです。

1.親指をこぶしの中に入れてグーを作る
2.親指側が上になるように、腕を前に伸ばす
3.手を小指側(下方向)に曲げる

Kenshouen

以前からマウスの使い方があまりよくなくて右手にはその傾向があったんだけど、今回はむしろ自覚のなかった左手の方が痛むので驚いた。

その後、だんだんと左手の手首から肘、肩にかけても痛みが出たので、じわじわと悪化したのか、上記の動作を何度かしていたので、それが悪化の原因なのわからないけど、休みに入ってしまって病院も開いていないから、以前に整形外科でもらっていたモーラステープなんてのを痛む場所に貼ってなるべく暖かくしたりサイトに書いてあるストレッチをしていたら、だんだんと治まってきた。

この手のテープは主に痛みを抑えるだけなのかもしれないけど、さて、元の原因はなんだろうというと、まず思い当たるのはスティック練習、またはそれと類似したマレット練習だ。

しかしそれにしては左手をそれほど無理には使っていないはずで、つまり先生からいつも「脱力」といわれているので、力を入れないように入れないようにと気をつけているはずだしな~。

といいつつ、ギターを弾いてみたら動作によってはまさに痛みが増すことがわかって、あ、これはひょっとしてと思い当たったのが、この映像。

この"Ask Tatyana"はとても勉強になるシリーズで、ここではWarm Up方法を解説している。しかしこれを練習として長くやってしまったのが原因に違いないと思う。

とくに14:00辺りからの下降スラー(Pull off)の薬指、中指、小指の練習は効果的ではあるけど結構無理な力が入ってしまうので、これを繰り返したのがどうも悪かったようだ。

僕のやり方が下手だったということもあるだろうけど、これらの動作はあくまでWarm Upとしておかないといけないのだろう。

サイトの説明にある「“こまめな休憩”をとることと、“定期的にストレッチ”すること」とあるのは、映像でTatyanaさんもいっているのだった。

ネットの宣伝はうっとおしいけど、たまには役に立つこともあるのだね。

しかしTatyanaさんは相変わらず美人だな~(^_^)。

そういうわけで、この冬休みの間はギターをほとんど触っていない・・・、というより何かとバタバタして音楽練習をほとんどしてないのだな、いかん、いかん(^_^;)。

ついでながら、寝違えたときの対処法というのも見つけたのでリンクしておこう。

漫画「ゴッドハンド輝」で紹介された寝違えたときの治し方

さらについでながら、楽譜を持っている"Baden Jazz Suite"の木村大による演奏があったので埋込み。ここでは演奏されていないけど、この組曲の最後にあるRondoがよく弾かれる曲だ。

Rondoについてはずっと以前に平島先生の映像をアップしていたのだけど、そのリンクとか他の記事のリンクも切れていたので、あちこち修正しているうちに正月三日は暮れていくのでありまし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/04/29

不整脈.com

昨年のちょうど今頃、心臓がドキドキして、いつもショーファーで行く稲美のCoopで血圧を測ったら、血圧は普通だけど脈拍が100ちょっと超えでびっくりした。

脈を自分でとってみたら、数回に一回、抜けてしまっている。

いつも行ってる近所の内科(こういうのをかかりつけというのかな)に行って、24時間心電図というのもとったのだけど、不整脈ではあるものの、問題になるタイプではないということだった。

しかしその時は不整脈が1ヶ月以上続いたので、かなりしんどかった。

その後は落ち着いていたが、短期的な不整脈がときどき起こる。大体は睡眠不足が原因のようだ。Facebookを覗いたり、楽器の練習をしたり、本を読んだりとか、そんなことで寝るのが遅くなるクセがついてしまっているのが大きい。

年齢的に無理がきかないということがじわじわとやってきたということだろう。まずは生活習慣を改める必要がある、というのはわかっているんだけどね。

この3月も若干その傾向が出ていたので、西明石にある循環器科の専門医のところに行ったけど、やっぱり僕のようなタイプは、まぁ、そのままで大丈夫で、あまり気にしないように、というこだったので、大丈夫なんだろうとは思っている。

今日も多少しんどいが、脈は正常だから、血圧を測ってみたら、低血圧気味の僕にしては高いめ、とくに下の方が高い。

これはどういうことなのかと思って、ネット検索してみたら、表題のサイトを見つけた。

上が高いだけが高血圧じゃない!下が高い場合の原因&注意点とは?

下の血圧が高くなる原因は、運動不足や睡眠不足、食生活、喫煙や飲酒などが考えられています。特に睡眠不足は、心臓の働きを強くして手足の血管を収縮させて血圧を上げてしますので注意が必要です。

ということで、これはメモであります。このサイトは「高血圧と不整脈」ということに対して僕はどちらかというと低血圧なのだけれど、参考にはなるだろう。

というところで、こっちの方が参考になるかというサイトを見つけたので、追加。

低血圧.com

まぁ、ここで書き込むことで、生活改善の意識を高めようということでありまいた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)