2019/08/21

耳鳴りは気分?

久しぶりの更新、8月のお初だ。

若い頃から耳鳴りがあって、ただ意識しなければ気にならない程度だった。

それがよくある話(たぶん)で、年齢とともに悪化(というほどではないが)してきた気がしてた(気がしただけかい)。

下の写真はすべてズッキーニで、我が家では右上のはKISS、右下はUFOと呼んでいる。

Akimg2235

それでも意識しなければどうということはなかったんだけど、去年の秋に知人から無料チケットがあるのでとお誘いを受けた「ボーヒュスレーン・ビッグバンド(BBB)神戸公演」に行ったとき、なんだかドラムのシンバルがチリチリと鳴りっぱなしで気になるなぁ、と思ってたら、演奏が終わっても続いていて、あ、こりゃ耳鳴りだったんだと気がついた。

Bbb

ちなみにビッグバンドはあまり関心がなかったけど、このバンドは素晴らしかったし、日本人の共演者もよかった。というのは以前書いてたんだった。

で、それからも意識してないときには特に気にならなかったんだけど、今年に入ってからか春頃だったか、会社で仕事をして帰るとき(なんせ週休が多いもんで、毎日ではない)なんかの疲れ気味のときになると耳鳴りがきつくてしんどいと感じることが間々あるようになった。

それでも例えば楽器を弾いてるとか音楽を聴いているときにそれが気になるとか邪魔になるとか、音の聞こえが悪くなるというわけではない。

とはいえ気になるので、今日は以前にも行ったことのある駅前の耳鼻咽喉科を受診してきた。

その結果はといえば、耳鳴りは聴力低下が原因だが、僕の聴力は耳鳴りが起こるようなレベルではなく、年齢からみればよい方なのでそれで耳鳴りが起こるとは考えられないということだった。聴力検査の結果では125~8000Hzの範囲で右は正常、左は8000Hzで基準よりやや低めという結果だった(高周波数になると若干低下気味ではあるが)。

下の写真は今日の神戸市西区神出付近の風景。

Akimg2248

まぁ、そうだよな。自慢じゃないけど、それに何年か前のことだけど、駅のプラットホームで人が何かを落としたようなカサッとした音が聞こえたのでそちらを見たら、2~3m離れたところにいたお年寄りの足元に切符が落ちていたので知らせてあげたことがある。自分でもよく聞こえたなと驚いたけどね。

とはいえ、若い人でも耳鳴りがするという人もいるし、こういうのは生理的耳鳴りとかいうとかなんとか、要するに聴力低下によるものではない、ということは気分のもん?

ということで、一般的な耳鳴り用の薬をいただいて(買って)きた。気になってしんどいときは食後とか関係なく飲んでよいらしい。薬局では神経をなだめるので眠くなる場合があると注意されたけどね。

音楽がなにもないと淋しいので、最近よく聴いているイギリスの美人ギタリスト、Alexandra Whittinghamさん。Tatyanaさんのにこやかさと対象的な、クールな容姿と演奏がこれまたよいね。

| | コメント (0)

2019/05/11

令和は国保に閃輝暗点!

令和最初の投稿、10日以上経ったけど令和になっての雑事メモ。

Voyage原稿は提出したものの、また大幅に書き換えたりとか写真をどうしようかとかまだ最終稿に至らずで、しばしほったらかし。

国民健康保険証は前々回に書いたように連休前に区役所から発送されるというので、連休の前半には来るかと思ったら全然来ない。やっぱり連休明け発送になるんかなと思ってたら、連休後半、手続きから1週間後、それも書留とかではなく普通に郵便受けに入ってた。

大阪の健保組合からの証明書速達は翌日午前には着いてたのに、普通郵便は同じ西区内で1週間かかったんだ(^_^;)。

で、初国保は早速昨日のこと。

ことは平成の御代に発する。

なんていうと大袈裟だけど、先月の半ば過ぎにショーファーで近所のSCに行った時、ソフトクリームを食べようとショーケースを覗いたら値段が20しか見えない。離れて見ていたときには200円というのが見えていたのに?、で少し顔をずらすとちゃんと見えたので、あれ?

で、買い物に付き合って歩いていると、正面から近づいてくる女性の顔半分が見えないとか、視野の右側が波打ったように見えたりでこれは異常事態!、緊急事態!、あせった~、・・・けど20分くらい(たぶん)で治まったのでとりあえず帰宅。

早速ネットで調べると、目ではなく脳の方、視神経の血流の問題らしく、閃輝暗点(せんきあんてん)というらしい(詳細はリンク先をどうぞ)。

頭痛が伴う事が多いとあるけど、頭痛はなかったし、今まで健康診断の類で高血圧とか動脈硬化はいわれたことはないから、残るは季節の変わり目での体調不良にスペイン旅行の疲れ、前からある不整脈(この季節にはよく出る)とか?

ということでその後、いつもの眼科で花粉症の目薬をもらうついでに診てもらったら、やっぱりそういうことだけど「直ちに対処しないとどうこう」という話はされなかったのと、保険証の切り替えやら連休が続いたので、やっと昨日、最寄りの駅近くにある脳神経外科(写真)というところに行ってきた。医者に行くのが恐いという人もいるけど、僕は原因不明のままでいる方が恐いのですぐに医者に行くのだ。

Akimg1897

で、頸動脈エコーと頭のMRIを撮ったけど異常なし、むしろ年齢にすればきれいな方でまったく問題ないとのことで一安心、やっぱり季節変わりと旅行の疲れかな。やれやれ。

なので、予定していた夜のセッションは行かずだった。

先月に予定してたセッションもドタバタしてて行かずで、今後のセッション予定日は会社の新人歓迎会とか社内旅行が重なって当分は行けない~~~。

というようなことで今日はYouTubeで見つけたこの曲、ソロ楽譜を高校の頃だったか買ったものの全然弾けなかった、というのがあったはずと引っ張り出して弾いてみたら当時に思ったほどには難しくないような(といってもおいそれと弾けるわけではないけど)。

 

キーはG(映像はA)で途中でEbに転調するんだけど、♯キーしか慣れてなかった当時はフラット3個なんて認識外の世界で手がつけられなかったのが、今ではEbくらいどうということはないという、そこがわかっただけという話(^_^;)。

| | コメント (0)

2019/04/26

健康保険で悩む

世間は明日から10連休、僕は今日は休みだけど明日は出勤。

こういう土曜を出勤にしたがる会社なんで、っていうか年間休日数が決まってるところに政府が臨時祝日作ったために出勤日が移動したみたいな~。

でも僕は3日/週出勤程度の契約嘱託なんであんまり関係ない、っていうか土曜出勤の方が混んでなくて楽チンなくらいだ。

とはいえこの連休は色々と迷惑な人もいるだろう。かくいう僕もそうで、2年前から出勤日を2/3未満に減らしたので被保険者資格がなくなったから、2年の任意継続をしたんだけど、その資格喪失が今日、4月26日だ。つまり今日からは無保険状態。

だから国民健康保険に加入しないといけないんだけど、それに必要な被保険者資格喪失の証明書は25日にしか発送されなくて、それから14日以内に国保申請が必要、ところが明日から10連休だから、連休前というと今日しかない! 速達で出すとは聞いたけど「郵便事情で・・・」ってのがあるからね。

保険証が手元にないとその間は医者にいったら10割負担になってしまう(あとで返金はされるけど、1ヶ月以内に行かないといけない)。

昨日休みをとっていれば健保組合に証明書をもらいにいって、その足で区役所にいって手続きをしていれば今日には発行されただろうに、なんて思っても後の祭り・・・、医者に行くようなことがなければいいわけだけど。

とはいえ、10時過ぎに郵便受けをみたらちゃんと入ってた(^o^)v。

で、区役所に何を持っていったらいいかと、いつ頃発行になるかを問合せたらやっぱり即日発行にはならないから連休明け発送になります、っていわれてしまった。

Akimg1834

四の五のいってても仕方がないので早速区役所まで手続きに行ったら、若い女性職員サンが丁寧、素早く、やさしくササッと終わってしまって、「本日発送しますので、郵便受けに注意しておいてください」だって。

なかなかと昔のお役所仕事とはずいぶんと違うんだ。それに即日発行だから連休中には届くはず。

もしこれが一日後ろにずれてたら完全にアウトだったわけで、ぎりぎりで間に合ってよかった。

やれやれ、一安心(^^)、・・・ま、お医者さんも連休中は休みだけどね。

| | コメント (0)

2019/04/02

元号決まって、期日前投票に花粉症

新しい元号が「令和」と決まって、統一地方選挙投票日が今度の日曜で、スペイン旅行は土曜からだから、初めて期日前投票をしてきた。

神戸の西の果てとはいえ歩いていけないこともない近くに連絡所というのがあって、そこで受け付けている。

Adsc_0882

という、それだけの話だが、しかしこれといった候補が見当たらないのは毎度のことというよりは自分が無関心といったほうがいいのだろうけど、投票はほとんど棄権したことはない。

学生の頃はなんとなく行かずだったこともあったけど、社会人になってからは一度か二度うっかり忘れた以外は何らかの意思表示として投票している・・・、大体は消去法だけどね。

で、花粉症だ。

いつの頃からか、たぶん14~15年前くらいからか、冬が近づくあたりからくしゃみと鼻水が出て、目のかゆみも出るようになった。

で、年々ひどくなるかというと、そういうわけでもなくてひどいときもあれば軽いときもありで、大体は5月頃には治まるんだけど、去年はアイルランド旅行から帰った途端に6月というのに鼻水が止まらなかった。

このときは近所のいつものS先生のところで薬をもらったんだけど、やたらと眠くなってその割にはそれほどの効果もなかったので、今年は眠くならないという別の薬(下の写真の左側:フェキソフェナジン60mg)を年初にもらったんだけど、これもあまり効果があるとも思えなかった。ひょっとしたら効いててこの状態で治まってたのかもしれないけどそれはよくわからない。

Adsc_0883

で、先週の水曜、晴れ、会社にいった昼前あたりからやたらと鼻水とくしゃみが出て、頭も痛くなるし目も痛くなるしで、特に鼻水がひどいので今回は駅前の耳鼻咽喉科に行ったら、鼻の中はきれいだし軽い方でしょう、寝る前に飲むゆるめの薬を出しましょう、今もらっている薬はそれでも治まらないときに飲んでください、ということでもらってきたのが写真の右側(ザイザル5mg)。

いやいや、これは効きました。いつもは朝起きた直後はいいものの、しばらくするとくしゃみが出て鼻水もで出て、あとは日によって軽い症状だったりひどくなったりなんだけど、ザイザルを飲みだしてからは朝のくしゃみや鼻水もなく、その後もたまに出る程度でほとんど出ない。

さすがは耳鼻咽喉科だな~、って感心したのだった。スペインに行ってる間は花粉症は出ないだろうけどね。

さて、年号が決まった件について、内田先生がまたいろいろと書かれていた。なるほどねぇ~、こういう意見もあったんだというのと、結局は中国由来なんだ。ま、興味のある方はリンク先を読んでみてください。

新元号について

その一つ前の憲法に関する記事も先生と近い世代としてなかなかと納得できる内容だった。僕が子供の頃は我が家は祝日の国旗掲揚はしてなかったけど家には国旗と旗竿があったように記憶するから、掲揚してたこともあるんだろう。

その頃でも近所には掲揚している家もぼちぼちあったのに、確かにいつの間にか消えた理由も、そういうことなのかもと思えた。ただ「アメリカは独立宣言を書き換えない」というのと「日本には憲法を書き換えたい人がいる」というのを同列にしてるところは詭弁だと思うな。実際、アメリカは憲法を修正しているそうだし。内田先生のご高説はもっともだと思うことも多いけど、こういう論理のすりかえみたいなのもたまにあるからな~。

まぁ、護憲派も改憲派もこういう考え方は一考すべきなんだろうな、これも興味のある方はリンク先をどうぞ、長いんで途中で飽きそうになりますが、って僕もまだ最後まで読んでないです(^_^;)。

憲法について

それよりこちらの比較敗戦論というのがとても興味深かった。第二次大戦に関するヨーロッパ諸国の戦中戦後については曖昧なイメージしかなかったんで、フランスに対する批判、イタリアの立場、ドイツの戦後の論法などなど、実にこういうことは知らんかったな~。これも興味のある方はリンク先をどうぞ。

比較敗戦論のために

おぉ~、今回は音楽ネタなしだけど、いい加減にVoyage原稿にとりかからねば・・・、帰国直後が初稿締切だけど、スティックレッスンもあるから練習もしなきゃならないからね~。

そういえばPICKS-CLICKSさんが書いてたとおり、音源ファイルの埋め込みができなくなってしまった。YouTubeなんかの外部リンクしか駄目なんだ、不便だな~。

| | コメント (0)

2018/12/30

腰痛Xmas、その後はギター

前項についで、またまた「その後」だけど、去年の12月に腰痛になって病院にいったら、第三腰椎が骨折している疑いがあるといわれたと投稿していた。

腰痛X'mas

今年も11月~12月で急に寒くなったところでやや腰が痛くなってきたので、今回は早めに同じ病院に行ったら、去年とは違う先生で、またX線撮影されたんだけど、その時に「去年に骨折しているといわれた」と告げたら、今年、去年、一昨年のX線写真に去年のMRI画像も並べてみて、「いえいえ、骨折はしてないですよ、ただ2箇所、わずかながら椎間板ヘルニアになりかけなところがありますけど、それも見る限りでは一昨年から進行はしてないですね」という話だった。

並んだ写真をみると、第三腰椎だか名称はわからないけど、他の背骨より少し狭くなってるのがあって、でもそれは一昨年も同じ感じなんで、去年に骨折したというのはほんまになさそうだ。

去年の骨折診断はなんだったんだろう、その時はX線写真みて僕も納得してたんだけどな~??

で、湿布薬だけもらって(買って、というべきか?)帰ったのだ。

やれやれ(^_^;)、まぁ、今回は早めにいったんで大丈夫です。

・・・というだけでは愛想なしなんで、最近のギターのことなど。

この映像は以前にもアップして、楽譜もネットで見つけたとか投稿してたと思うけど、最近、Tatyanaさんの公式サイトから直販で購入した新譜(下の写真、サイン入りCDだよ~ん)にも入っている。上方にわざとらしく置いてある本が、「Swingしなけりゃ、~」で参考にした「アフリカ音楽の正体」で、金属製の脚はスネアパッド(兼コーヒーテーブル)だ。

Akimg1235

新譜にはYouTubeで公開されている曲がいくつか入ってるんだけど、映像つきで見てるときには美しいお姿に見とれてよくわからなかった音の鋭さ、弦をつまびく指の強靭さがビシビシと伝わってきて、いやはや、これはやっぱり容姿だけではない素晴らしい演奏家だと改めて感じ入った次第。

この曲はやっと暗譜してそこそこは弾けるレベルになったけど、一部、どうしても指の動きがついていけずに辿々しくなるところがある。

中学のとき、バスケットボールを受け損なったことがあって、その時に左手の小指を思いっきり突き指したんだけど、あの頃は、突き指なんてほっとけば治るというのが常識みたいな時代だったんでほったらかしてたら、骨がずれたまま固まってしまって、だから左手の小指がうまく動かない場合がママあるのだね。

それに加えて指を曲げた時に、薬指と小指が内側に向いてしまうという、これは生まれつきの体形(?)があって、いずれにしろこれらの指の動きに限界があるんだねぇ。

ま、それもこれもこういうものとして弾ける範囲でなんとか、ってなことです。

この曲も新譜に入ってた曲で、後で気がついたんだけど、Tatyanaさんのサイトで楽譜も売ってたんだね。

知ってたらCDと一緒に頼むところだったんだけどね~、改めて買うとなると送料をまた取られるからな~、と迷い中。

この曲も同じく新譜入り、クラシックギターではMustのアルベニス、楽譜はネットでそれなりにギターに編曲されたのを見つけた。

とはいえ、この演奏とはかなり違うところがあるのだな。

しっかし、美人だよな~。

これはもうひとりの注目美人ギタリスト、Stephanieさんの演奏で、これもTatyanaさんと類似のアレンジだ。

ほんまはその自分の演奏を録画なり録音なりして、YouTubeにアップすればいいんだけど、まぁ、満足できるレベルかないっていうか、面倒臭いっていうか(^_^;)。

ま、そのうちにするかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/11/17

骨におつうじ

たまには音楽以外の話題、ってここんとこは音楽以外が続いてたんだ(^_^;)。

先日、近所のショッピングセンターにある薬局で骨密度を無料で測ってくれるというので行ってきた。

結果は年齢に対して骨密度102%でほぼ平均とうれしい値だった。

Ap1030687_2 まぁ、平均で喜んでいてはいけないんだけど、これまで会社の健康診断とか薬局の無料測定ではずっと年齢に対して80%台で、許容範囲だけど平均以下という結果ばかりだったから、これは喜んでいいんじゃないかと思うわけで。

骨によいという乳製品とか小魚とかは以前からよく食べていたわりにずっと平均以下だったから、これが今さら効果を発揮したとは考えにくい。

ありそうなのは、TVの健康番組でやっていた、踵落とし。

つま先立ちして踵をドンと、少々衝撃があるくらいに落とすと骨を刺激して骨が強くなるとかなんとか、たぶん。

意識的にやってたのは、週平均3日の会社で朝のラジオ体操のときに踵を上げる動作のときは床ドンしてたとか、休みの日の犬の散歩で坂道を降りるときはつま先ではなく踵ドンしながら歩いたとか、そんなんが効いたんかな~。

「床ドンで強くなる 骨を鍛える」 NIKKEI STYLE

血糖値を下げる効果もあるらしい、って僕は血糖値は大丈夫だけどね。

脳を活性化!血糖値ダウン!NHKガッテン

上の写真は今が盛りの庭に咲いている朝倉という種類の山茶花、今の家に引っ越したばかりの頃にホームセンターで買ってきて植えたもので、今年はよく咲いている。

次の話題はおつうじ、おおきな便のことね。これも健康番組からの仕入れ。

ずっと以前にオイドの手術をしたことを書いたのは、実に2006年だったんだ。

Goodbye, Mr.プクン

このときは簡単な準根治治療にしたんだけど、結局再発したので根治治療をしたのが8年くらい前だったかな。これももう昔話だ。

で、若い頃ならともかく、歳をとってからだと手術した部分の筋肉が固くなって肛門が狭くなって便通が悪くなるってのはお医者さんから聞いてて、だからお腹の調子を整えるとともに便を若干柔らかくする薬をずっと飲んでいる。

でも季節やら体調やらで硬くなるときがあって、そうすると無理にいきんだりして痛くなったり、下手をするとちょっとだけど出血があったりするのだな。

で、TVでやってたのが洋式便座で前かがみになって用を足す、というもの。

こうすると腸から肛門が直線的になって便の通りがよくなる・・・だったかで、実際に便秘症の人に効果があったとか。

毎日スッキリ!便秘の悩みを解消しよう

で、そうしてみると、確かに!

Akimg1003 深呼吸しながら吸い込んだときに肛門へ向けて圧がかかるような気分ですると、スルスルっと出ていくんだな、尾籠な話ですが。無理にいきむ必要はないのです。

もう前かがみというよりはべた~っとへばったくらいに体を倒すと更によい感じと思う。

要するに哺乳類本来(?)の四足姿勢に近づけるってことかな。人間以外は痔になる動物はいないそうで、それは人間が直立したことが原因だとかいう話だったと思う。

だからね、お便のときはべた~っとへばってしまうのですよ(^_^;)。

右の写真は今日のワンコの散歩道、もう終わりかと思ってたコスモスがまだ咲いていた、なかなかと大きな花弁。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/06/10

T-SQUAREにYMOにラリカンに、しつこく耳栓

先週の土曜日は加古川のブラウアー音楽練習場&アカデミーにヴァイブとドラムの練習に行って、それから「かこむ」(東播磨創造センター、略して「かこむ」、って全然違うやん)で万灯祭仲間のバンドが練習しているのを覗きに行ってきた。

ブラウアーでの自分の練習は翌々日の月曜がレッスン日なんでその一夜漬け、まぁ、なんとか(^_^;)。写真は森岡楽器でその左横のガラス戸がブラウアーの入り口、奥が練習場になっている。森岡楽器とブラウアーはぜんぜん違う会社だそうで、楽器店があるので、その横に練習場を作ったということらしい。

Adsc_0059

ブラウアーに行くのはドラムの練習はやっぱりドラムでないと感覚がわからないからというのがメインだけど、当然ながらAdamsのVibを借りての練習も、それぞれ1時間程度ずつ、土曜料金はちょっと高いけどね。

次回のレッスンは月末なんで、それまでにまた練習に行かなきゃ(^_^;)。

レッスンのメインはスティックコントロールなんだけど、ドラムも少しずつやることになった。
ドラムセットを思い切って叩くと音の衝撃が結構ある。慣れないってのもあるかもしれないけど、セットの真ん中に座っていると相当なものだ。

で、耳栓を考えていたわけなんだけど、ドラムを叩くとメトロノームが全然聞こえないので、前回は密閉型ヘッドフォン(耳を覆う大きいタイプ)をつないで聞きながらやった。そうするとドラムの衝撃音もぐんとカットされる。

その代りシンバルやスネアの高音(スナッピー=裏のジャラジャラ)なんかがカットされるんで、ポコポコした音になるけど、まぁ、練習だし、たまに生音を聞いて確認する程度でよいのだ、ドラマーになりたいわけでもないし。

ということで考えたら、どっちにしろヘッドフォンがないとメトロノームは聞こえないし、ヘッドフォンをつければ衝撃音はカットされるから、少なくともドラム練習では耳栓はいらないことに今更気がついた(レッスンではメトロノームの音はアンプを通している)、という迂闊な話。

で、まだ耳栓は考え中なんだけど、スーツケースを開いてみれば、あ、それそれ、耳栓、耳栓・・・、エミレーツ航空で機内でもらったポーチにアイマスクや靴下と一緒に耳栓が入ってたのだ、使い捨てっぽいけど。・・・なんともな話。

で、かこむのバンド仲間は昨年ご一緒したピアノ&ピッコロ、サックスのお二人に、アレンジや打ち込みができるベース&キーボードの新メンバーが加わってうまくまとめているので、なかなかとよい演奏になっていると思う。先日は凄腕のドラマーも参加して、さらにパワーアップしていたし。すでに夏と秋にライブの予定が決まっているそうだから、なかなかと意欲的だ。

で、僕にもギターでのお誘いの話があって、エレキギターをピアニストさんから貸していただけるという話もあるので、アイルランドから帰ったらちょっと気をいれて練習しないといけない。

ピアニストさんがギター持っているってのは以前に聞いた覚えがあったけど、エレキだったとは。ピアノとピッコロに加えて、今年はフルートを習いだして、おまけにエレキギターを持ってるというエネルギッシュな方です(僕も色々と持ってだけは持ってるけどね)。

曲はいわゆるジャズではなくて、T-SquareとYMO、それからベース&キーボードさんのオリジナル。オリジナル曲があるというのがすごいですよね。

T-SQUAREとかカシオペアとかって、そういえばずいぶん以前だけど、TVでよくみかけたな~。しかしYMOは人気のわりにはあんまり見ても聴いてもなかったのはなぜかしらん、わからん。

この手の曲はなんとなく耳には入っていたけど、自分でやるという感覚はなかったんで、改めて聴いてるわけだけど、なんというか、同じパターンの繰り返しが続いてソロがあって・・・、の繰り返しは祭りとか儀式で太鼓を叩いているうちにトランス状態になるっていうのと似てるのかもしれない・・・、ちょっと違うか?

いずれにしろ今まで自分が馴染んでた音楽とは違うので今更ながら新鮮だ.。

昔よく聴いてたラリー・カールトンなんか思い出した。

そうえいばラリカンは結婚前に家内(当時は違うけど)と一緒にコンサートに行ったんだ。

エレキもやってみたいというのは、ここでも書いたかな、いやアコギのことしか書いてなかったか、でもこういうのもやってみたいよね、弾けないけど。

しかしRoom 335ってのはすごい人気なんだな、YouTubeに完コピの映像がいくつも上がっている。

で、ギターはクラシックばかりとFBでメッセージしたら、クラシックギターでもいいですよ、なんて返事がきた。たまたま見つけた映像だけど、こういう感じになるのかな。

って、アイルランド旅行の準備をしなきゃ(^_^;)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/05/30

また耳栓に、Getzの発掘盤

耳栓の話を書いてたけど、FBがやたらと出してくる広告に、もう少し安いのんが出てきた。

EarPeace

表示価格が\2,660だから、Earasersの半額くらいだ。

FBの広告もたまには役に立つかも、といいつつ、まだ検討中。

で、話題は変わって、FBのGary Burtonサイトをたまたま見る機会があって(誰かのシェアだったかな)、一応Officialと書いてあるんだけど、本人が運営しているわけでは全然なさそうで(引退しちゃったしね)、投稿も年に1回みたいなペースなんだけど、そこになつかしのVoice of Americaで2014年にインタビューがあった、というのをみつけた。

残念ながらそのインタビューというのはVOAサイトでは何年も前のことなんでなかったけど、ついでに検索に引っかかってきたのが、1964年にVOAで放送されたという、GetzバンドのNewportライブ盤だ。

これはHMVサイト(Newport Jazz Festival '64)で引っかかってきたんだけど、Amazonはどうかしらんと検索したら、なんということでしょう~、「警告、アダルト商品」だって(^_^;)。

Getz_1964

なんでこうなるの?、というのと、HMVだと会員価格がAmazonの半額くらいなんで、そっちでとりあえず買う予定・・・、まだ買ってないけど、以前に登録してるんで会員価格なのだ。

パーソネルを書いておこう。なかなかと気になるメンバーだ。

Stan Getz (ts), Gary Burton (vib), Gene Cherico (b), Joe Hunt (ds)
guest with
Astrud Gilberto (vo on M8,9), Chet Baker (flh,vo on M10-12), Phil Urso (p on M11)

HMVは今はローソンと同じ系列なんだね。店頭受取だと送料がいらないみたいだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/05/13

音楽練習場と耳の、微妙な関係

TVの健康番組をたまに見ることを書いたけど、聴力低下に関する番組があった。

以前からいわれていることで、ヘッドフォン、イヤフォンで音楽を大音量で聴き続けると難聴になるという話だけど、それだけでなく、大音量のライブや楽器演奏でも、当然ながら難聴になる可能性が出てくる。

僕はイヤフォンで聴くときも音量はあげないし(なので細かいところまでは聴けないけど)、大音量のライブとか大音量の練習というのもない。

スティックレッスンはスネア、最近はドラムセットも使うけど、1時間のレッスンが月2回、家では練習パッドだから大したことはないので、要するにあんまり気にはしていなかった。

でも番組を見ていて、やっぱりあんまり刺激を続けない方がよさそうだと思うようになった。

それとよい練習場を見つけたことでよけいに気にするようになった。

加古川にある「ブラウアー音楽練習場&音楽院」という、わかりやすいけど長ったらしい名前のところで、料金も手頃、というよりはこの手の施設としては安い方でありながら、ピアノやドラム、アンプ類は無料、おまけにヴァイブまで置いてある(これは使用料がいるけど、1日800円と手頃)。Adsc_0520

これは3月に初めて行ったときの写真で、Adamsのヴァイブを初めて弾いた。

このときはヴァイブ2時間、ドラム1時間の練習をしてきたけど、これは実に有意義な時間だった。やっぱりスタジオ(練習場)という専用の場所で、限定された時間でお金を払って、ということで集中できるのと、壁の一面が総ガラス張りなので、自分の音だけでなく全身を含めたフォームがチェックできる。

スティックレッスンで鏡をみて練習しなさいといわれるようになってから、フォームに気をつけるようにはなったんだ けど、自宅だとヴァイブのフォームのチェックなんてちょっとできないからね。

左右の違いとか、力が入っているかどうかとか、色々とわかりやすい。

Adsc_0432

これは先月末、高槻ジャズスト前に、泥縄式~一夜漬けの個人練習に自分のMusserを持っていって練習した時の写真。

高槻ジャズストは・・・、まぁ、大きな失敗はなかったし、音響のよいスタジオなんでヴァイブの響はとてもよかったけど、やっぱり練習不足がそのまま出たような演奏しかできなかったと反省しきり。

閑話休題。

というわけで最近は大音量のライブなんかでは、演奏者も聴衆も専用の耳栓を使うことがあるらしい。

その昔、阪神淡路大震災の年だったか、復興支援コンサートがあって、Gary Burton/小曽根真のデュオが聴けるというのでいったことがあるが、様々な演奏があって、その中でカシオペアだったと思うけど大音量の演奏で、それはまぁ、すごいんだけど、あの人達の聴力は大丈夫かなと思ったことがある。

なんか話がまとまらないけど、FBフレンドでアメリカのパーカッショニストの、日本でも有名な(たぶん)Norman Scot Robinson氏が推奨していたのが、Earasersだ。

Earasers

で、検索してみたら日本でも発売してるんだけど、\5,940、アマゾンではちょっと安くて\4,320也。ただコメント欄を見るとM寸は日本人には大きいとかでS寸がよさそうだが、Sはなぜか\5,350~\5,700と高いめ。

他の耳栓は千円以下から他種類あって、価格的にちょっと迷うところだ。

といいつつ、今のところはそこまでは、というので保留状態。

Robinson氏の映像はたくさんあるけど、フレームドラム(たぶん)を演奏してるのを適当に選んだのを埋め込んでおこう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/05/03

ギター弾きの姿勢

これも4月7日にFBに書いたメモ。タイトルそのまんま。

ギターのネックを立てて、正しき姿勢で弾くということを最近は忘れていた。

ついつい安直に指板を見て弾くクセがついて、そうすると手首が反る不自然な形になるので、指の動きが悪く、無理な力が入って疲れやすい。

ということを思い出したのはこの映像ではないんだけど、この曲も正しき姿勢にしたらかなり楽に弾けるようになった。

とはいえこんなに滑らかにはいかないけどね。

思い出した、というか真似してみたら、あ、そうだったんだ、というのはFelicidadeをもう少しまともに弾けないかなと思って見直した、Stephanieさんの映像。

要するに、ネックの先端を自分の頭よりも高い位置まで上げるということでした。

昔ながらの足台はどっかにあるんだけど、今はこのお二人が使っているようなGuitar Rest (Support)を使っている。

最初はAmazonで安くて小さくて手軽そうなのを買ったんだけど、これは高さ調性不要(不可)で低い椅子ではいいんだけど、普通から高めの椅子になるとギター位置が低くなってあんまりよくない。

で、もう一つ、Tatyanaさんが使っているErgoPlayというのを買った。

これはYouTubeの”Ask Tatyanaシリーズ”で紹介していたのを見たような気がするけど、どうも見つけられないから、オフィシャルサイトでだったかもしれない。

オフィシャルサイトでクーポン付きで販売されていたので注文したんだけど、今は販売していないようだから、一時的なキャンペーンでの紹介だったのかも。クーポン付きだったからか、ヨーロッパからの送料込みで今のアマゾン販売価格なみだったと思う、というか国内販売してたんだ(^_^;)。

これは普通から高めの椅子によいが高さ調性が必要だ。

Img_0234

写真でギターにつけているのが小さい方、横に置いてあるのがErgoPlayだ。

とはいえ、家での練習はもっぱら横倒しのカホンにクッション(左の黒い箱、というかカホンケース)という低めの位置なんで、最初に買った方を使っていることが多いかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)