2024/04/11

神戸市居合道演武大会

もう先月24日の話だけど、年初からの懸案だった神戸市剣道連盟居合道演武大会に参加してきた。

会場は神戸市立中央体育館。JR神戸駅から山側(北)へしばらく歩いたところだ。当日は曇時々雨、僕が参加した居合の行事はなぜか審査も大会も天気に恵まれない。

Aimg_20240324083527586

ゆるやかな坂道を山の方に向かっていくと前方に神戸文化ホールが見える。上の写真中央に見える青の花柄の建物で、僕が学生のころに出来たホールだからもう50年くらい経つのかな。

僕が大学に入った頃の軽音楽部定期演奏会は三宮の国際会館だったけど、文化ホールが出来てからはこちらに移動した。古い体質の国際会館は使用料が高い上に色々と手続きやらなんやら面倒だったからだと思う。それに当時は文化ホールは出来立てで最新の設備が整ったホールだったからね。

中央体育館(下の写真)は文化ホールとは道路を挟んで海側(南)にあり、大学の入学式で入った記憶はあるが、もう50年以上前の話でそれ以来ということになる。

Aimg_20240324083708897

とはいえ、一昨年からは居合や杖道の審査会やら大会に出たりしてきたので体育館での行事にもたいぶ慣れてきた。

Aimg_20240324121558625

これは大会が始まる前の稽古風景。

午前中は予選があり、段位ごとに参加者が5本の形を演武して審判員が採点し結果を集計して上位4名が選ばれる。

僕が参加した初段の部は6名しか参加者いなくて、そのうち3名が学生、残り3名が一般人だ。

居合大会の常として2段以下では圧倒的に学生が強いので学生3名は予選通過、残り3名がどんぐりの背比べで僕と同点だった人がいたので再審査となって、なんと僕が予選通過!

他の段位はもっと参加者が多くて何度か再審査が行われていたから、初段も参加者がもう少しでも多ければ毎度ながらの予選落ちしてだっただろう。運がよかったとしかいいようがない。

Aimg_20240324134725958

午後はトーナメント式で準決勝、決勝があり、優勝、準優勝、そして3位2名が決まる。

当然の帰結として僕は準決勝敗退で3位(ベスト4)となった。

上の写真は初段の決勝戦が始まるところで、白い道着の女子大生に僕が負けたんだけど、なんと大学の後輩だった、っていっても別に関係ないけど。

まぁ、これで終わったから帰ってもいいかもなんて思いながらも、上の段位グループの決勝とか高段者の演武(下の写真)とかを、いわゆる見取り稽古というか見学をしていた。

Aimg_20240324142614012

で、そのまま閉会式まで残っていたら表彰式があり、なんと3位表彰で賞状をいただいてしまった。

Aimg_20240324183312696

3位になったんだから当たり前の話ではあるけど表彰のことなど全然考えてなかったので、びっくりした。

少人数での下位の小競り合いで運がよかっただけともいえるけど、これまでこうした賞状をいただいたことがなかったし表彰実績には違いないからうれしいのも確かだ(^^)v。

さて、2段以下は学生が圧倒的に強いというのは、大学で居合道部に入る人はたいてい初心者だから、まず1級が取れるのが1年の秋、そして初段は2年の春、二段はその1年後で3年の春、三段は2年後・・・となると在学時には二段までしか取れない、ということだ。

一方で学生はまず体が若くて頑健、稽古も上級生や指導者がついて集中的に行えるということでどんど吸収成長していくから、実力は社会人になって始めた人に比べてずっと上になるのは当然ということであります。

| | コメント (0)

2024/03/18

Syracuse / Siracusa

SiccasギターのYouTubeチャンネルを登録しているのでいろいろなギター演奏のお知らせが来るけど、今回は"Émilie Fend plays Syracuse by Henri Salvador (arr. Roland Dyens)"だ。

もとはHenri Salvadorの歌で、Roland Dyeansがギターソロ用に編曲している。

なかなかといい曲ですね。

ということでいつものように楽譜検索したら出てきましたが、なんと6弦=Db、5弦=Ab、キーはDbメジャーというギターとしては実に変則キーに変則チューニング、これはないだろうというアレンジだ。

まぁ、キーDbはジャズである程度慣れはあるけどチューニングを変えちゃうとわかりにくいんだよね。Dyeansのアレンジはたまにこういうのがある。

曲についてはこちら(Syracuse/朝倉ノニー)に解説があった。どことは書いてないけど、Syracuseはシチリアのシラクサ(Siracusa)のことだと思う。塩野七生の本によく出てくる欧州古代史における要衝の地だ。

シラクサ紹介動画はたくさんあるけど、こちらが短くて簡単だ。

シチリアは行ったことないけど、地中海はいいねぇ。旅行で行ったイタリア/アマルフィー、マルタ、スペイン/ミハスが懐かしく思い出される。

ただしSyracuseで検索すると米国NY州北部の都市シラキュースが出てくるが、ここも思い出らしきものがある。

米国Syracuseは、2003年5月の米国出張のときに画材見本市/技術会議のあったシカゴから当時の取引先訪問のために最寄りのNY州ハミルトンまで行ったときの経由地だ。

シカゴから飛んでシラキュース空港で降りてそこから車でハミルトンまで行ったので単に通り過ぎただけだけだけど、その時のことはほったらかしの僕のサイトに書いている(シラキュースについては触れてないけど)。

2003年 USA

当時は米国から毎年取引先様とアーティストが来日していたが、その中の一人がシラキュース在住で今もFBフレンドでつながっていて、FBによくシラキュースのことをアップしているので、なんとなく馴染みがある気がする。

2007年に同じ取引先にいったことはこのBlogに書いているけどそのときはデトロイト経由だった。

仕事からすっかり離れていても、こうしてたまに思い出させることがあるんだねぇ。

しかしほとんどはこうした国内外の出張とかアメリカのお客さんとのことで、日常的な業務を思い出すことはほぼない。日々の業務ってのは記憶にあるには違いないが印象が薄いんだろうな。

| | コメント (0)

2023/12/31

秋のイベント2023-11月は城崎から広島など-2

とうとう大晦日になって、あわてて秋のイベント投稿・・・もう冬だけど、暑かった秋から急に寒波で各地に大雪、と思ったら年末はまた暖かくなったりで、本年最後の締めくくり。

11/27-28 グリーン車で行く広島一泊旅行-交通と宿泊のみのパックで、家内と息子の3人でに行ってきた。安芸の宮島/厳島神社~弥山本堂、原爆記念館~広島城観光。

宮島口で名物の穴子丼をいただいた後、フェリーで宮島へ。様々な国からの観光客がやたらと多いが、中国本土からの騒々しいツアーはいなかったようだ。前日の日曜はもっとすごい人出だったらしい。

Aimg_20231127123658657

厳島神社参拝後はロープウェイ経由で弥山本堂まで。ロープウェイ終点の獅子戸岩展望台から瀬戸内海の絶景を望む。

Aimg_20231127135859824

駅から弥山本堂まで山道を歩く。アップダウンのある山道だけど鉢伏山の道よりは歩きやすかった。歩くと暑いくらいだが、まだ紅葉が美しい。

Aimg_20231127143016712

山を降りると引き潮で大鳥居の下まで行くことができた。

Aimg_20231127164137956

また宮島口で名物広島焼きの夕食を堪能して広島駅まで戻り、駅近くのホテル泊。翌朝、ホテルでのビュッフェは海外旅行してるのかと思うほど外人ばかりだったのには驚いた。

Aimg_20231128103952429

翌日は原爆ドームから原爆資料館。やはりかなり重苦しいが、これでも抑え気味なんじゃないかと思った。

Aimg_20231128135048792

最後は広島城。内部は歴史資料展示館で、武道かぶれとしては多くの刀剣が展示されていたのが興味深かった。

蛇足:12月はあまり予定がないながらそれなりに過ごした。

12/4 梅田セッション:高校の同級生だったU君とは還暦後に奇縁で再会したが、彼はピアノを弾くというので突然ながら2人で遊ぼうということになった。彼は奈良、僕は神戸の西の果てなので、間を取って大阪梅田スカイビル近くのスタジオを借りた。
彼は楽譜通りに弾くのは苦手でジャズも得意ではないといってたけど、バーのラウンジでもいけそうなくらいにきれいなピアノで、黒本頼りに2時間ほど一緒に遊んだ。といっても半分くらいは雑談だったけどね。
高校時代はふたりとも音楽とは関係ない体育系クラブだったというのも面白い。住まいが離れているのでまた一緒にやる機会はなさそうだけどいい思い出になった。写真は通り道だった大阪グランフロントの端っこ、クリスマスデコレーション。

Aimg_20231204103922073

わざわざエレガットをかついでJRに乗って梅田まで行ってきましたよ。何か機会を見つけては出歩くようにしないと引きこもって老化するばかりだからね。

12/9 加古川Largoセッションのことは中旬の投稿に書いた。

12/24 杖道部会稽古納め-日曜(小野)と火曜(明石)はまじめに杖道/居合道の稽古に通っていて、それぞれに稽古納めがあったけど、それとは別に神戸の王子スポーツセンターで兵庫県(といっても阪神~姫路、小野、三田くらい)の稽古納めがあるので、初めて参加してきた。思ったより楽しかったので、来年初の稽古始にも行ってみようかな。

Aimg_20231224120604346

稽古の写真は撮り忘れたので、これは灘駅まで歩いた帰りに前を通った神戸文学館

ということで、今年も終わりの大晦日。コロナも第5類移行で世間が動き出したのと合わせたように我が家も色々と動きを再開した年でありました。

世界情勢を考えると、呑気な隠居とのそしりを免れないですが、来年も実りのある年になりますように。

| | コメント (0)

秋のイベント2023-11月は城崎から広島など-1

今年の秋は色々と予定が立て込んで近年には珍しく忙しかった中でも、一番は11月。杖道関係は以前に投稿した通り。

11/5 関西杖道優勝大会

11/7 長沢芦雪展/大阪中之島美術館-ゆっくりと日本画を楽しんだ後は久しぶりに大阪の街や梅田地下街を歩いて懐かしかった。

Aimg_20231107140421276

11/11 姫路お城まつり パレードと杖道演武参加

11/13-14 高校の仲間と城崎~天橋立一泊旅行:高校時代のクラブ仲間とは還暦を過ぎてから年一回程度会っていたが、コロナ禍ではFBメッセンジャーでオンラインの会合といいうか雑談を頻繁にするようになっていた。しかし今年はコロナもそろそろいいだろうと、仲間5人で一泊旅行に出かけた。城崎では解禁になったばかりのカニづくしと温泉、翌日は天橋立めぐりをしてきた。天橋立はレンタサイクルで対岸まで行き、観光船で戻って来る周遊コース。自転車に乗ったのは20年ぶりくらいかな。みんな年取ったけど昔と変わらず楽しかった。

Aimg_20231114135616016

11/17 信楽~京都湯の華温泉~美山かやぶきの里の日帰りバス旅行。温泉付きの日帰りバス旅行は家内と一緒に年に数回くらい行ってたので、割引優待案内がよく来る。そういうのはジュエリーとか健康グッズの直売店経由が必須だけど、それを気にしなければ安価に楽しむにはお手頃だ。いつもあまり期待しないが、秋のかやぶきの里はなかなかとよかった。信楽でいただいた昼食は物価高騰の折から、かなり貧相だったけどね。

Aimg_20231117142312732

11/18 加古川Largoセッション-相変わらずエレガットで参加。何やったかあんまり覚えてないけど、課題だったA Night in Tunisiaはやりましたよ、お手本には遠く及ばないけどね。

11/23 須磨浦公園登山-鉢伏山~旗振山:何年ぶりかの山登り。標高は253mと大したことはないけど、階段のあるところは不揃いで大きな石だったり段間隔がとても不規則な上に土砂堰き止めみたいな高い板だったりで、とても歩きにくい。

Akimg9450

でも晴天に恵まれて瀬戸内海(明石海峡)の眺望がきれいだった。この写真は神戸~大阪方面。

Aimg_20231123140809311

帰りは明石魚ノ棚で名物のたこ焼き(明石焼きとか卵焼きともいう)で遅めの昼食を楽しんだ。

| | コメント (0)

2023/12/30

秋のイベント2023-10月は台湾旅行など

月初に書いた「秋のイベント2023」の続き-10月の出来事:

10/8 地元の岩岡神社秋祭り-コロナで昨年までは中止になっていたので、みな楽しみだったでしょう。といっても農家などの昔からの地の人たちのお祭りなんで、新興住宅地(といっても30年以上)の我々は見に行くだけですが。

Aimg_20231008112735486

10/16-19 台湾旅行:4年ぶりの海外は、関空から台湾南部の高雄に飛び一泊、翌日に台中移動で一泊、3日目に台北移動一泊して帰国の3泊4日の旅。異国情緒はあまり感じない台湾だったけど、コロナに加えて台中関係がよくないせいか中国人団体客が全然いないので、さほど混んでいなかったのでよかった。

高雄近郊の文武廟

Aimg_20231017160730254

台北の故宮博物院は、以前はラッシュアワーの駅なみとかいう話だったけど、今は目玉の展示も含めてゆったりと鑑賞できたのがよかった。その写真を一枚。

Aimg_20231018120047063

至宝の象牙宮:1本の象牙から削りだされた球の中に入れ子状に21層にもなる球が収まる超絶技巧の作品だそうだ。周囲には人があまりいないけど、2017年に家内(バックに写っている)が友達と来たときには人だらけだったらしい。

九份は「千と千尋の神隠し」の舞台ではないかといわれたところ(ただし宮崎駿自身は否定しているらしい)。ちょうど夕暮れで提灯が灯りだしてよい雰囲気だった。

A_20231230220001

10/25 「みちのく いとしい仏たち」展/龍谷ミュージアム~西本願寺/京都-東北の素朴な仏像を集めた展示、すぐ前に西本願寺があるので参拝した。

Aimg_20231025151753802

10月末にはほったらかしだった庭のサザンカの木の陰にコガタスズメバチが巣を作っていたのを見つけて大騒ぎ、専門業者に駆除してもらった。小さな木でも葉が茂って見通しが悪いと何が起こるかわからないものだと、これに凝りて庭木を大幅に剪定したので、疲れたし腰も痛かったな。

| | コメント (0)

2023/12/06

秋のイベント2023-関西杖道優勝大会と姫路お城まつり

秋のイベントと題してBlogに投稿したのは2015年11月29日だったが、あの頃は色々とイベントが続いた上に仕事もしていたんだと、我ながらびっくり(^_^;)。

それに比べると、2020年夏にコロナ禍で退職してからは音楽関係といえば、たまのセッション参加くらい、代わりに杖道や居合道の稽古や審査、大会、そして短期間の旅行などがパラパラと続いているくらいだ。

世間はコロナの第5類移行もあって活気づいて来ているが、この秋は僕も世間なみに個人的イベントが続いた。

特に11月は最近にしてはやけに忙しかったが、その最初が5日の関西杖道優勝大会だった。

ということで、とりあえず杖道関連を書いておこう。

202311051

以前に書いてたように大阪府剣道連盟杖道部主催の大会で、団体戦に参加した。1チーム3名だが、僕は途中で技を間違ってしまったのでまた初戦敗退か、と思ったけど、なんと対戦相手も間違って演武を中断してしまったので、間違えても止まらなかった僕らのチームが初戦突破(^^)v。でも2回戦で敗退してしまった。

大阪府剣道連盟のサイトに結果(pdfファイル)があるが僕らは小野Bチームだ。大会のフォトギャラリーもあるけど僕は写ってはいません。下は決勝戦の様子。

2023110512

終了後は35年ほど前に大阪で杖道を習っていたときの森本先生と、当時、稽古をご一緒していたN先生にお会いできて懐かしく旧交を温めることができた。前にも書いたと思うけど、N先生は杖道7段、僕も続けていたらそのくらいになってたかも? 森本先生は今の杖道界では日本で、ということは世界でも屈指のお方だが、僕よりお若い。

202311052

会場は新大阪駅近くの東淀川体育館、新大阪駅で下車したのは何年ぶりだろうか?

そして11日は現在の教室の先生からお誘いを受けて、姫路お城まつりのパレードと杖道演武に参加した。

169969333310212

当日になって知ったことだが「播磨の黒田武士顕正会」からパレードに参加するに合わせて高砂の杖道教室にお声がかかり、他の杖道教室にも参加のお誘いがあったのだった。だから高砂、小野、西宮などの教室や道場から多くの方々が参加された。顕正会の方々は鎧兜の衣装で、我々はいつもの稽古着姿だ。

パレードは姫路城正面の大手前通りを大手門まで行進し、それから大手門広場の特設ステージで杖道演武を行った。上の写真は演武終了後の記念撮影時で、この中のどこかに僕もいる。右端の赤いきぐるみは姫路ゆるキャラの一人で勘兵衛君。

今回も含めて姫路には縁が深くて、Blogにも何度も書いている・・・リンクは面倒なので貼らないけど。

で、実は今回、思わぬ人との再開があった。

なんと42年前、神戸の王子スポーツセンターで合気道と杖道を習っていたときに一緒に稽古していたH君だ。当時は大学院生だったからご一緒したのはたぶん2年位だと思う(学科は違ったけど学部後輩)。

彼はすぐにわかったらしいけど、僕は言われるまで気が付かなかったという、毎度の迂闊な話(^_^;)。失礼しました。今は高砂の教室で杖道の稽古をしているとのことなので、また審査や大会、講習会などで顔を合わせることもあるだろう。

この年になってこういうこともあるんだなと嬉しかった。若い頃に何かやっていると後々に色々と驚きや楽しみがあるものだね。

| | コメント (0)

2023/07/19

散髪で悩む、ふたたび

また1ヶ月ほど更新してなかった。やれやれ。

今回はタイトル通り、日常的な話題を。

同じようなタイトルで投稿したのが、2017年7月。

散髪で悩んだのは一昨年の話

このときはいつもの散髪屋さんが一時休業していたのでどうしようかと悩んだけど、再開したのでまた通うことができた。

しかし去年の2月に行ったあとはまた閉まっていることが多いので、どうしているのかと電話してみたら体調不良で休んでいるとの話だったが、結局そのまま再開することなく閉店してしまった。以前も入院で休業だったので、身体的にも年齢的にも再開は無理だったのだろう。どうぞお大事に。

しかたがないので以前にも行った近所のカットのみの安いところにいったが、やっぱり本当に安いだけの素人カットでどうにもなんとも。

髭剃りとかには資格がいるけど、カットだけなら無資格の素人でもいいらしい。だから安いだけが取り柄の店が可能なんだね。

そこで去年の初夏には、少し離れたところ(といっても近いけど)にある昔ながらの散髪屋さんに行ってみた。

ここは老夫婦でやっていて、とても丁寧で優しいのはいいんだけど、別に頼んでもいないのに夏だからと全体に短すぎるほどにカットされた上に裾の刈り上げまでされてしまい、さらにお値段もずっと高いのだった。まぁ、その分、長い間散髪に行かなくてもよかったけど。

ごくありきたりな散髪だけで大した要求があるわけでもないのに、性に合った散髪屋を見つけるのはなかなかと難しいものだ。

そこで去年の秋の暮れには、よく買い物に行く隣町のスーパーの一角に開店した、これもカットだけでさらに安価なところに行ってみたら、それなりの出来だった。

まぁ、安いからいいかと通い出したが、それなりのカットのみなんで、以前のように3ヶ月位は行かなくても、というわけにはいかず1ヶ月半くらいで行かないといけない。

しかしここは当番制で日によって違う人がカットするので出来不出来が大きいようで、春に行った後はどうもまとまりがなく伸びてきたら変な髪型になってしまったので、やっぱり昔ながらの散髪屋さんの方がいいんかな・・・。

Hashimoto

というわけで、また少し離れたところにある(といってもそれほどではない)、やはり昔からある散髪屋さんに行ってみた。

当然ながら、カットだけでなく髭剃り、洗髪に加えて耳掃除までしてくれた。散髪屋さんで耳像時してくれるというのは、話には聞いたことがあるが実際に体験したのはこれがはじめてだ。

お値段は当然ながら少し高いとはいえ、1ヶ月あまりたった今でも髪型はまとまって、まだしばらくは行かなくてよい感じなんで、これからはここに行こうと思う。

とはいえ、ここもご主人はそれほど若くはないところが、ちょっと先行き不安ではあるけどね。

写真がその散髪屋さんで、ストビューから。看板には「総合3800円」とあるけど、今は値上がりして4000円也。

| | コメント (0)

2023/06/20

ぶどう月間

梅雨に入ったものの、晴天の日も結構あったり、暑いとはいえ梅雨時とは思えないほどカラッとした天気だったりですが、6月から秋にかけてはぶどうのおいしい季節です。

という話ではなくて「武道月間」としようとしたら、タイトルのように変換されたんでそのまんまネタに(^_^;)。

前々回に書いてたように、5月初旬は居合道昇段審査(初段合格)、今月10日の土曜日は兵庫県居合道大会と続いた。

大会は姫路にある県立武道館でなかなかと立派な建物だ。今回も電車で、JR姫路駅で山陽電車に乗り換えて一駅、歩いて10分もかからない便利なところだった。

Aimg_20230610082147746
兵庫県立武道館

僕は個人戦段外クラスで出場したけど初戦負け。まぁ、その対戦相手が段外優勝したので良しとしましょう(^_^;)。

所属の小野睦会では大人組は賞は取れなかったけど、学生組(高校生、小学生)が個人3位、団体戦3位を受賞した。

Aimg_20230610132304726
大会の様子

帰りも山陽手柄駅まで歩いて、電車で帰宅した。

Aimg_20230610162524186
山陽電車姫路、ターミナル駅だ

ということで、やっと終わった~~、という間もなく、7月には杖道県大会がありましてね、なんせ杖道は三段ということで個人戦、団体戦両方に参加するのであります(^_^;)。

居合道大会は個人戦の形5本の演武だけだったけど、杖道は個人戦は6本、団体戦も6本の演武がある。両方合わせると全剣連制定形の3~12本目の10本だ。

制定形は12本あって、一応は三段なので一通りは習ってはいるものの10本目あたりからはかなり怪しいので、今月中にはきっちりと覚えておかないといけない。

ということで武道月間は続くのであります。

以下は稽古用のお手本動画で、昨年の杖道全国大会の模様、っていっても僕なんかとはレベルが雲泥の差だけど(^_^;)

三段準決勝-全国大会では6本の途中で仕打ち交代(杖と太刀が交代)があるけど、県大会では交代なしで杖だけの演武だ。相手をしてもらう太刀はそのときに手の空いてる人を見つけてやってもらうことになっている、ってどうなるんでしょうね(^_^;)。

団体戦は4名で1本目から3本ずつ、仕打ち交代で順番に演武していくが、僕はなんやかやの行きがかりで最後の7,8,9本目の太刀、10,11,12本目の杖を演舞することになった。

ちょうど下の七段決勝での右側の選手と同じになる。もちろんレベルが違い過ぎるけど。

稽古は日曜夜は小野、火曜午前は明石まで行っているけど、あれやこれや指導され続けで、まだまだ道半ばであります。

| | コメント (0)

2023/04/21

あとで見る音楽メモなど

タイトル通り、YouTubeで見つけたりFBで紹介されていた音楽関連動画だけど、まだ見てなくてそのうちにみようという自分用メモ。

ブラウザでブックマークしておいてもごちゃごちゃして結局見ないのと、ブックマークだとYouTubeサイト視聴でCMが入ってウザいけど、Blogに埋め込むと何故かCMが入らないという利点もあるし。

まずは、一向に進展しない音感関連。

『絶対音感(もどき)』になる方法を東京藝大卒が教えます

まぁ、東藝卒から「私は大したことない」みたいなこといわれてもねぇ、ってとこだけど紹介されているアプリがVibistのJohn Mark Piper氏の音感訓練テキストと似た手法なんで、これをiPadでやってみようと。

Piper氏の音感トレーニング(Ear Training)のことは去年の11月に書いてたけど、英語テキストだけで地味な訓練ってのはやっぱりねぇ、なかなか手つかずでねぇ(^_^;)。

次は同じ人による耳コピの仕方。まぁ、楽器を使えば耳コピはかなりできる方なんで、もっと音感がつけばなんとかなると思うけど一応のメモ。

『耳コピ』のやり方を東京藝大卒が教えます

最後はトレーニング関連ではなく、ジャズベーシストのBill Crow氏のドキュメンタリー動画。FBフレンドでマリンバ奏者のMika StoltzmanさんがFBでシェアしてたけど、1時間以上あるのでボチボチ見ようと。

Bill Crow氏というと、村上春樹訳の「ジャズ・アネクドーツ」とか「さよならバードランド」など、ジャズ裏話的な?、著書が有名だ、っていうか、実はしらんけど、ってしらんのかい!!

・・・っていうレベルだけど、いつも行く隣町の図書館にどちらもある(あった)ので借りたことはあるけど、ちょっと読んだところであんまり面白くなかったのですぐ返してしまった本だ。

面白く感じなかったのは僕がジャズをリアルタイムで聴き出したのが1971年以後、しかし本はそれ以前の話で、それ以前のジャズには一部を除いてあまり興味がわかないってのが大きいんだろうなぁ。

ところがいつだったか「さよならバードランド」が図書館の無料リサイクル本に出されていたのでもらってきて持っているのだ、まだ全然読んでないけど。

Abill-crow

ドキュメンタリーを見れば本の方にも興味がわくかもしれない・・・、と期待しよう。

とはいえ、今は5月7日の全剣連居合道初段の昇段審査に向けて稽古しないといけない、にもかかわらず4月は9日と今度の23日は選挙で小野の体育館が使えないので稽古がない上に、稽古があった16日から昨日の20日まで沖縄ツアーに行ってきたりで、稽古が全然出来てないからそっちに集中しないといけないのだった!

旅行のことはそのうち書こうかと・・・、とかいっても結局書かずじまいが多いなぁ(^_^;)。

・・・では愛想なしなので、美ら海水族館に行く途中で立ち寄った古宇利大橋から見た古宇利ビーチの写真を一枚だけ。

Img_20230418122150676s

偶然ながら結婚式の写真撮影に出会った。新郎新婦と撮影班しかいないので前撮りなのか、それともCM用かも。

黄砂のため空があまり澄んでないし遠景もかすんでいるけど、海の美しさはさすがに沖縄だ。

最後に付け足し:

相対音感鍛える方法(イヤートレーニング)

| | コメント (0)

2023/02/21

エレガット-軽音OB会 & 楽器店めぐれず

エレガット第3章は、購入したお店のアップルギターズがなくなってしまった(経営不振による閉店)という話。

それを知ったのは2019.11.24、大学軽音OBセッションの日だったからコロナ以前、3年あまり前だ。そしてBlog下書きしたのは翌年の2020.11.27、それを今頃になって(^_^;)。

以下、その顛末:

2019.11.24(日)、大学軽音OBセッションの日

OB会は午後だが、元町から三ノ宮の加納町に移転した神戸ヤマハを覗くなら時間が足りないと思って、10時過ぎ発。ちょうどAmazonで注文していたスペイン音楽の本とキューバ音楽のCDが届いたので、本を持って出かける。これはジャズフリーペーパーVoyage6号寄稿文のための資料だ。

駅までは車で行き、2号線に出る前に一日800円で空きの駐車場があったので、そちらに停めて11:22発快速で三ノ宮へ。

ヤマハに行ったら予想外に小さくて、かつての元町店の半分もあるかどうか、楽器も少ししか置いてなかった。1Fが店舗だがほとんどギターと管楽器だけの上に種類も少ない。2Fはピアノ展示と楽譜/書籍売り場でこれはわりと多く展示があったものの、興味を引くようなものはなかった。

Yamaha

その上の階には音楽教室があるらしく教室メインの店舗のようで、かつての元町店を期待していたので、がっかり。写真はGoogleストビューから。

ヤマハはすぐに見終わったので、アップルギターズを覗こうとしたら記憶にあるビルにはないし、あたりをウロウロしても見当たらないので、スマホ検索したら倒産してたので、びっくり。

最後にロッコーマンに行ったらこちらは健在で、中に入ったら店員(おばさま)が話しかけてきたので4~5年前に10万程度の中国製を買った話をして、もう少しいいのが欲しくはあるといったら、次は30万くらいでしょうといわれ、試奏も勧められたが時間がなくなってきたので、OB会へ。

Akimg2747

これは途中で通りかかった、神戸老舗のジャズクラブSONE。学生のときに一回だけ先輩に連れられて行った覚えがある程度だ。当時はジャズクラブに行くことはほぼなくて、それよりも来日ジャズメンのコンサートを聴きに行く方にお金を使うほうが値打ちがあると思っていたからね。

Akimg2758

会場のY's ROAD入り口。

77296407_1470952083043185_42581340816712

会場風景-顔が写ってるけどピンボケだからいいかな。楽しかったが、会場はこの写真の印象よりずっと狭いのと飲み物しかなかったのが残念だ。以前にBlogで紹介した、なにわジャズ大賞アマチュア部門受賞のピアニスト若江君と、プロとして活動しているサックスの武井努さんも来られていた。

僕は演奏はしないし用事もあったので15時過ぎで失礼して帰宅した。

-------------

ということだけど、ネット検索するとアップルギターズ倒産はかなりな問題だったらしく、詐欺まがいな事件だったらしい。

ギター売却代7200万円未払い 神戸の運営会社破産、130人被害(神戸新聞)

被害者の会Twitterがあったがそれによると2021年で民事裁判終了、その後は刑事裁判になるらしい。

アップルギターズ被害者の会(Twitter)

2015年にエレガットを買ったときの印象は特に悪くはなかったけど、その後に経営不振となったようだ。

そういえば大阪の打楽器専門店「川端楽器」も閉店時には色々騒ぎがあったらしい。一旦はサウンドトラックスとして再興したらしいけど、その後はどうなったのかわからない。川端楽器からはマレットを数種類購入したことがあり店のこともBlogに書いていた。最後に行ったのは2009年1月だった。

Mallets(2008.2.24)
マレット、マレット(2009.2.1)

ということで、第3章の結末はトンデモな終わりになってしまいました。

Kimg2759

最後は帰りのJR三ノ宮駅からの風景で〆。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧